コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

追奪担保責任 ついだつたんぽせきにんHaftung wegen Eviktion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

追奪担保責任
ついだつたんぽせきにん
Haftung wegen Eviktion

売買の目的物に対する権利瑕疵 (かし) のあった場合の売主担保責任をいう。これに対し,物自体に瑕疵のあった場合の責任は瑕疵担保責任といわれているが,この区別は曖昧である。日本では,買主が原所有者から取戻されるなど第三者から追奪を受けることを担保責任発生の要件としていないので,追奪担保という言葉は正確でないとされる。権利の全部が他人に属していた場合,売主がその権利を取得して買主に移転できないときは,買主はその契約を解除することができる (民法 561) 。また,権利の一部が他人に属していた場合に,売主がその部分を得て買主に移転することができないときは,その不足部分の割合に応じて買主は代金の減額を請求することができる (563条) 。さらに,用益物権によって制限を受けていた場合には,その制限によって買主が売買の目的を達しないときは,買主は契約を解除できることなどとなっている (566条) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ついだつたんぽせきにん【追奪担保責任】

目的物の一部が他人に属していたり、他人の権利により制限されている場合のように、売買の目的としての権利に瑕疵かしがある時の売り主の負う担保責任。 → 瑕疵担保責任

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android