コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆起電力 ぎゃくきでんりょく counter electromotive force

3件 の用語解説(逆起電力の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

逆起電力
ぎゃくきでんりょく
counter electromotive force

(1) 電気分解の際に陰陽両極に電解析出した物質は再び溶液中に溶けこもうとして電池を形成するが,その起電力は電解のために外部から加える電圧と逆向きの方向となる。また,陰陽両イオンはそれぞれ陽極および陰極の方向に移動するため,電解溶液内での陰陽両イオンの濃度分布が不均一となり,この結果一種の濃淡電池が生じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぎゃく‐きでんりょく【逆起電力】

回路の電流の変化に伴い、この変化を打ち消す向きに生じる起電力
電気分解で、電極反応によって生じた物質が電極に付着し、本来の電極反応を妨げる向きに生じる起電力

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぎゃくきでんりょく【逆起電力】

回路の電流の変化によって生じる、電流と逆向きの起電力。また、回路を貫く磁束の変化を妨げるように生じる起電力。
電池または電気分解において、電極反応によって生成した物質が電極付近に蓄積して、電池を形成するために、本来の電極反応を妨げる向きに生じると考えられる起電力。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

逆起電力の関連キーワード愛人会・依・回・恵・絵松柏砂山チェリー花菱曲・回捨鐘優勝回数三廻(回)り

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone