コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通貨ブロック つうかブロックcurrency block

3件 の用語解説(通貨ブロックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通貨ブロック
つうかブロック
currency block

域内貿易を促進し,域内通貨の相互安定をはかるため,決済通貨を同一のものとする地域をいう。通貨ブロックには1国内で複数の通貨ブロックが存在する場合と,複数の国家で1つの通貨ブロックを形成する場合とがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

通貨ブロック
つうかぶろっく
currency bloc

通貨価値の基準を一つの強大国通貨に求めて為替(かわせ)相場の安定を図るとともに、政治的、経済的な相互依存関係を基盤として利害を同じくする国々がグループ化して形成した地域をさす。金本位制時代にはなかったが、同制度の崩壊後、1930年代の大不況と通貨不安を背景に金ブロック、ポンド・ブロック、ドル・ブロックなどが誕生した。金ブロックは、豊富な金準備をもつフランスを中心にベルギー、オランダなど六か国により金本位を維持することをうたって形成されたが、諸外国の平価切下げとそれに伴う対外貿易の不振によって1935年から36年にかけて崩壊した。
 ポンド・ブロック(スターリング地域)は、1932年のオタワ協定によってイギリス連邦諸国を中心に形成され、第二次世界大戦中は一時強化された。しかし戦後はイギリス経済の地盤低下とともに離脱する国が増え、現在ではほとんどその形をとどめていない。
 ドル・ブロック(ドル地域)は、アメリカを中心にドルにリンクした北米および中南米諸国が含まれていたが、その範囲はポンド・ブロックほど明確ではなかった。
 なお、1930年代のなかばからナチス・ドイツは広域経済を主張して中部ヨーロッパおよび南東ヨーロッパ諸国を巻き込み、日本は中国および東南アジアに円ブロックを形成していったが、いずれも敗戦とともに崩壊した。[土屋六郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

通貨ブロックの関連情報