コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

進学適性検査 しんがくてきせいけんさscholastic aptitude test

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

進学適性検査
しんがくてきせいけんさ
scholastic aptitude test

一般的には,進学指導や入学者選抜を目的として,上級学校の教育を受けるのに必要な能力,適性があるかどうか,どの方面の学校に進むのが適切かを判定するための検査をいう。日本では 1947年から 54年まで文部省が大学などへの入学志願者全員に実施した検査や,63年から 68年まで能力開発研究所が実施した大学への進学適性能力テストがこれにあたる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しんがくてきせい‐けんさ【進学適性検査】

高等教育への適性を調べ、進路指導に役立たせようとして行われる検査。日本では、昭和23~29年(1948~54)に大学進学希望者に対して行われたものがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

進学適性検査【しんがくてきせいけんさ】

適性検査の一種で,上級学校に進学する資質・能力の測定を目標とするもの。日本では1947年―1954年度,文部省の管理下で大学進学希望者に対して全国一斉に実施されたものをさすことが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

進学適性検査の関連情報