コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遂安 すいあん

3件 の用語解説(遂安の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

遂安【すいあん】

朝鮮民主主義人民共和国,黄海北道北東部の金鉱山。礼成江と南江の中間の彦真(げんしん)山脈中にあり,彦真山の北側にある笏洞(こつどう)鉱床と南側にある楠亭鉱床を合わせて遂安金鉱と呼ぶ。
→関連項目黄海北道

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

すいあん【遂安 Suan】

朝鮮民主主義人民共和国,黄海北道東部の郡。彦真山脈の南麓に礼成江の上流が形成した遂安盆地を中心とする山間地帯である。畜産と農業が産業活動の中心となっている。郡の北部にある彦真山(1120m)の近くには,李朝時代末に開発された朝鮮有数の金山があり,これによって全国に名が知られた。彦真山一帯はこのほかに銅鉱床が広く分布し,採掘が進められている。【谷浦 孝雄】
[鉱床]
 遂安周辺の諸鉱山のうち,とくに笏洞(ホルドン)鉱山(ホルコルHolkol鉱山ともいう)は重要である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遂安
すいあん / スアン

北朝鮮、黄海北道(こうかいほくどう/ファンヘプクド)遂安郡にある邑(ゆう)(町)。郡の所在地。金の産地として知られる。金鉱は古い金山の一つで、遂安郡楠亭里(なんていり)にあり、原生代の炭酸塩岩類、端川(たんせん)岩群、鴨緑(おうりょく)岩群で構成されている。鉱石は黄銅鉱、黄鉄鉱、輝水鉛鉱、自然金からなり、ざくろ石、橄欖石(かんらんせき)のスカルン中に含まれている。またルードウィヒ石、小藤石(ことうせき)、遂安石も産出される。[魚 塘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遂安の関連キーワード北朝鮮黄海北道朝鮮民主主義人民共和国雲山開城会寧人民民主主義松林羅津脱北

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone