コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道登 どうとう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道登 どうとう

?-? 飛鳥(あすか)時代の僧。
山背(やましろ)(京都府)の恵満の家の出という。高句麗(こうくり)(朝鮮)に留学し(一説に唐(とう)(中国)でまなんだとも),のち奈良元興寺にはいる。大化(たいか)元年(645)僧旻(みん)らと十師に任じられる。2年山背に宇治橋をかける。6年長門(ながと)(山口県)の国司が献上した白い雉(きじ)を祥瑞(しょうずい)と上奏,年号白雉(はくち)にあらためられた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

道登

生年:生没年不詳
飛鳥時代の僧。山背(京都)の恵満の家より出たという。「高麗学生」とみえることから高句麗留学僧か。入唐して吉蔵に三論を学んだともいう。大化1(645)年8月,十師の一員に選ばれる。同2年には山背の宇治橋を架橋したと「宇治橋断碑」や『日本霊異記』にみえる。白雉1(650)年2月の長門国(山口県)の白雉献上に際しては,天皇に白雉が祥瑞であると上表し,それによって白雉と改元されたという。<参考文献>『日本書紀

(若井敏明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どうとう【道登】

飛鳥時代の僧侶。生没年不詳。山尻(背)恵満(やましろのえまろ)の家から出たといい,645年(大化1)僧侶の統制に当たる十師の一員に任ぜられた。高句麗に留学した経験を持ち,元興寺(飛鳥寺)に住したとみられる。宇治橋碑によると,646年,人畜をすくうため,山背の宇治橋を架けたという。ただ同碑の造立年代には異説もあり,《続日本紀》に宇治橋は道昭の造立としていることもあって,問題が残る。650年に白雉が貢上されたのを道登が祥瑞であると説き,白雉と改元された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の道登の言及

【宇治橋碑】より

…銘文は四周と行間に界線を引き,3行にわたって陰刻されている。文章は四字句を24句連ねた整ったもので,宇治川の流れの速さと渡河の不便さを述べたのち,山尻(背)恵満(やましろのえまろ)の家からでた僧道登が,646年(大化2)に架橋し,人畜をすくったことを記す。その表現の一部は,《詩経》の字句をふまえている。…

※「道登」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

道登の関連キーワードカルルス温泉サンライバスキー場日本工学院北海道専門学校北海道登別市登別温泉町登別マリンパークニクス北海道登別市カルルス町北海道登別市登別港町北海道登別市上鷲別町北海道登別市上登別町北海道登別市登別本町北海道登別市登別東町北海道登別市中登別町北海道登別市千歳町北海道登別市中央町北海道登別市富士町北海道登別市幌別町北海道登別市常盤町北海道登別市札内町北海道登別市富岸町北海道登別市桜木町北海道登別市川上町

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android