コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道重信教 みちしげ しんきょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道重信教 みちしげ-しんきょう

1856-1934 明治-昭和時代前期の僧。
安政3年3月4日生まれ。浄土宗。山口講習所,知恩院大教院にまなぶ。明治25年浄土宗学本校教授,大正12年増上寺法主。在家信者への講義,ラジオでの法話など仏教の民衆化につとめた。昭和9年1月29日死去。79歳。長門(ながと)(山口県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

道重信教の関連キーワード東明流テンプル日本製鉄結城寅寿吉田松陰ミシン平岡熙東明流大熊氏広平岡吟舟

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone