遠忌(読み)おんき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遠忌
おんき

死者の祥月日を一周忌三周忌と重ねていって 50回忌以上の年忌になるとこれを遠忌とよぶ。 100回忌以上になると 50年ごとに遠忌を行うが,一宗の開祖や中興の祖,あるいは寺の開基などのためにとり行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

えんき【遠忌】

おんき(遠忌)」に同じ。

おんき【遠忌】

仏教諸宗派で、宗祖などの遺徳をたたえるため、五〇年忌以後五〇年ごとに行う法要。
一般に、一三回忌以上の、二五年忌・五〇年忌・百年忌など、遠い年忌をいう。遠年忌。えんき。遠関日。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遠忌の関連情報