遠忌(読み)おんき

  • えんき
  • えんき ヱン‥
  • えんき〔ヱン〕
  • おんき ヲン‥
  • おんき〔ヲン〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

死者の祥月日を一周忌,三周忌と重ねていって 50回忌以上の年忌になるとこれを遠忌とよぶ。 100回忌以上になると 50年ごとに遠忌を行うが,一宗の開祖中興,あるいは寺の開基などのためにとり行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

おんき(遠忌)に同じ。
仏教諸宗派で、宗祖などの遺徳をたたえるため、五〇年忌以後五〇年ごとに行う法要。
一般に、一三回忌以上の、二五年忌・五〇年忌・百年忌など、遠い年忌をいう。遠年忌。えんき。遠関日。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 =おんき(遠忌)
※太平記(14C後)四〇「後白河法皇の御遠忌(エンキ)追賁(つゐひ)之御為に、三日まで御逗留有て、法華御読経あり」
〘名〙
① (「おんぎ」とも) 仏語。一般に十三年忌以上、五十年忌、百年忌などの遠い年忌をいう。えんき。遠年忌。遠関日。
※小右記‐正暦元年(990)一一月一三日「相当(藤原尹文女)遠忌、以晴空令斎食」
② 仏教諸宗で、宗祖や中興の祖の遺徳をたたえるため、五十年忌以後、五十年ごとに行なう年忌法会。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

遠忌の関連情報