コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行(き)合う イキアウ

デジタル大辞泉の解説

いき‐あ・う〔‐あふ〕【行(き)合う】

[動ワ五(ハ四)]ゆきあう

ゆき‐あ・う〔‐あふ〕【行(き)合う/行き×逢う】

[動ワ五(ハ四)]
行く途中で偶然出あう。出くわす。いきあう。「駅で妹に―・った」
互いに出あう。交差する。重なる。
「かささぎの―・はぬつまのほど寒みあかで別れし仲ぞ悲しき」〈曽丹集
互いにしっくりとあう。合致する。
「二道の道理のかくひしと―・ひぬれば」〈愚管抄・三〉
[動ハ下二]交差させる。
「鶺鴒(まなばしら)尾―・へ」〈・下・歌謡〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android