行(き)合う(読み)イキアウ

デジタル大辞泉の解説

いき‐あ・う〔‐あふ〕【行(き)合う】

[動ワ五(ハ四)]ゆきあう

ゆき‐あ・う〔‐あふ〕【行(き)合う/行き×逢う】

[動ワ五(ハ四)]
行く途中で偶然出あう。出くわす。いきあう。「駅で妹に―・った」
互いに出あう。交差する。重なる。
「かささぎの―・はぬつまのほど寒みあかで別れし仲ぞ悲しき」〈曽丹集
互いにしっくりとあう。合致する。
「二道の道理のかくひしと―・ひぬれば」〈愚管抄・三〉
[動ハ下二]交差させる。
「鶺鴒(まなばしら)尾―・へ」〈・下・歌謡〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android