コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会う/遭う/遇う/逢う アウ

デジタル大辞泉の解説

あ・う〔あふ〕【会う/遭う/遇う/×逢う】

[動ワ五(ハ四)]《「合う」と同語源》
(会う・逢う)
㋐互いに顔を向かい合わせる。場所を決めて対面する。「客に―・う」「明日、いつもの場所で―・おう」
㋑たまたま人と出あう。「駅でばったり知人と―・った」
(遭う・遇う)好ましくないことに出あう。「事故に―・う」「強い反対に―・う」
立ち向かう。戦う。「決勝戦で―・うチームは強敵だ」
ある時期にめぐりあう。
「天地(あめつち)の栄ゆる時に―・へらく思へば」〈・九九六〉
夫婦になる。
「この世の人は男は女に―・ふことをす」〈竹取
対する。向かう。
「傍(かたへ)(=カタワラノ人)に―・ひて、御子はおはすやと問ひしに」〈徒然・一四二〉
[可能]あえる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例