会う(読み)アウ

デジタル大辞泉「会う」の解説

あ・う〔あふ〕【会う/遭う/遇う/×逢う】

[動ワ五(ハ四)]《「合う」と同語源》
(会う・逢う)
㋐互いに顔を向かい合わせる。場所を決めて対面する。「客に—・う」「明日、いつもの場所で—・おう」
㋑たまたま人と出あう。「駅でったり知人と—・った」
(遭う・遇う)好ましくないことに出あう。「事故に—・う」「強い反対に—・う」
立ち向かう。戦う。「決勝戦で—・うチームは強敵だ」
ある時期にめぐりあう。
天地あめつちの栄ゆる時に—・へらく思へば」〈・九九六〉
夫婦になる。
「この世の人は男は女に—・ふことをす」〈竹取
対する。向かう。
かたへ(=カタワラノ人)に—・ひて、御子はおはすやと問ひしに」〈徒然・一四二〉
[可能]あえる
[類語](1㋐)対面する面会する会見する会する落ち合う目通りする引見する接見する謁見する面接する面談する会談する見合い顔合わせ御目文字謙譲お目にかかるまみえる拝顔する拝眉する拝謁する見参する謦咳けいがいに接する/(1㋑)出会う出くわす行き合う巡り合う出会しゅっかいする邂逅かいこうする遭遇する鉢合わせする来合わせる居合わせる通り合わせる乗り合わせる再会する・一期一会出会い一緒になる際会する

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android