コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頭屋 とうや

4件 の用語解説(頭屋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頭屋
とうや

当家,当屋とも書くが,本来は頭家。神社の祭りや講に際し,氏人のなかから卜占 (神意) または抽籤などにより選ばれて神事や行事を主宰し,神職の介添え,または供饌などにあたる家,またはその家の当主。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とう‐や〔トウ‐|タウ‐〕【頭屋/当屋】

神社の祭礼にあたり、神事や行事の主宰者となる家。また、その家の主人。古くは世襲で、のち当番制になった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

頭屋【とうや】

当屋とも記す。祭礼や講で行事を主宰する人または家。村神主,一年神主とも。神職が存在しない時代や場所では氏の頭人や宮座の長老が神主を務めたが,神職出現後は宮座や氏子から当番で出て神職を助けて供饌(きょうせん)や供応に当たる。
→関連項目おはけ黒川能日待祭り美保神社

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

頭屋
とうや

祭礼や神事の執行にあたって重要な役割を担う人、またはその家をいう。頭人という語も同じ内容で用いられてきた。それぞれ当屋、当人などとも書く。一般に1年交替の輪番制で責務を果たすので、当番あるいは年番(ねんばん)とよばれることも多い。神を迎え祭るためには潔斎といった精神的な行為と、神饌(しんせん)などの経済的な負担が要求される。前者は当日に近づくにつれてより厳重なものとなる。身を清浄に保つために沐浴(もくよく)の遂行や食物の制限、同衾(どうきん)の回避などを遵守するのだが、それを実行する期間は生業に従事することすら困難になる。頭屋制度は、こうした神事や行事に伴う負担の分散措置として生じたものである。頭(とう)は神事の主宰者を意味したようで、文献では平安時代なかばから何々の頭という名称がみられる。民間における一年神主とか頭屋神主といった呼び方は、頭屋の地位と1年交替の輪番制をよく示している。現在も盛んに行われている関西地方の頭屋祭りや、関東地方のオビシャ(御奉射)は頭屋神事の代表的なものである。頭屋は神籤(みくじ)や座衆帳、さらには戸口順によって選出され、頭渡しという一定の手続を経て引き継がれる。この新しい頭屋を中心にその年の神事が営まれるのである。室町時代に形成された宮座は頭仲間とも称するように、頭屋を独占する特権的な祭祀(さいし)集団であった。
 なお、頭屋は神事の主宰者として神主の役割をも果たしていた。種子島(たねがしま)では頭屋を神主、専業の神職をホイドンと区別しており、神事に際してホイドンは神主の補助的な役割を果たしているにすぎない。しかし、多くの地域では神職の進出によって、頭屋は世話人という立場で神事の設営にあたるようになった。[佐々木勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

頭屋の関連キーワード上卿上帝頭屋・当屋物見車郷土芸能祭官小行事田主頭屋(当屋)蛙飛び(祭礼行事)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

頭屋の関連情報