小杉放庵(読み)こすぎ ほうあん

  • 1881―1964
  • こすぎほうあん
  • こすぎほうあん〔ハウアン〕
  • 小杉放庵 こすぎ-ほうあん

美術人名辞典の解説

洋画・日本画家。栃木県生。名は国太郎。五百城文哉に洋画を学び、未醒して太平洋画会に油絵出品、文展で連続受賞を果たす。渡欧してフランスほか各国を巡遊、帰国後は再興日本美術院の洋画部に参加し、シャヴァンヌなどの影響をうけた作品を発表する。同院脱退後、春陽会創立、次第に水墨画の東洋的な情趣に親しみ、放庵と改号して俳味に富んだ気品ある日本画を描いた。芸術院会員。昭和39年(1964)歿、84才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

洋画家。本名国太郎。初めの号は未醒(みせい)。栃木県に生まれ,上京して小山正太郎に学ぶ。日露戦争従軍画家となり,さし絵や漫画で知られたが,文展開設以後洋画でしばしば入選横山大観との交遊から院展洋画部を主宰することになり,また1922年春陽会の創立に参画。もともと東洋的な色合いの洋画を描いていたが,晩年おもに日本画を制作した。代表作《水郷》《山幸彦》《西遊記》など。歌集,随筆なども残している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1881-1964 明治-昭和時代の画家。
明治14年12月30日生まれ。小杉二郎の父。小山正太郎にまなぶ。明治40年「方寸(ほうすん)」同人。渡欧後,大正3年日本美術院に洋画部を設立,11年春陽会を結成した。後年油彩から日本画にうつり,独自の水墨画をえがいた。昭和39年4月16日死去。82歳。栃木県出身。本名は国太郎。初号は未醒(みせい)。代表作に「水郷」「山幸彦」,著作に「放庵画論」など。
【格言など】頂の岩に尻据ゑ足指にまさぐらむとす越の国原(歌集「山居」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

1881‐1964(明治14‐昭和39)
画家。栃木県日光に生まれる。本名国太郎,はじめ未醒と号した。五百城(いおしろ)文哉に洋画を学んだ後,上京して小山正太郎の不同舎に入った。日露戦争に画家として従軍,さし絵画家として著名になる。1908年から文展に出品。初期の代表作《水郷》などでは,装飾的な画風を示す。13年渡欧し,翌年帰国して日本美術院の再興に参加した。22年,春陽会を創立。しだいに画風,題材に東洋的な傾向を示し,29年放庵と改号した前後から日本画を主として制作した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1881.12.30. 栃木,日光
[没]1964.4.16. 新潟,赤倉
洋画家,日本画家,歌人。本名国太郎。初め未醒 (みせい) と号した。洋画家五百城文哉に学び,1898年上京し白馬会研究所に学び,1900年再上京し不同舎に入門。 02年太平洋画会会員になる。第4回文展から3年連続受賞。 13年渡仏し翌年帰国。同年再興日本美術院洋画部を設立して同人となったが,20年脱退。 22年森田恒友,山本鼎らと春陽会を創立し指導的役割を果す。昭和初期より日本画も描き,油絵も油気を抜いた日本画風のマチエールとなった。 29年から放庵と改号。 35年より帝国美術院会員。日本芸術院会員となったが 59年辞退。この頃より水墨の気品に富む日本画が多くなった。主要作品『泉,採薬,静意,動意』 (1925,東京大学安田講堂壁画) ,『奥の細道帖』 (27~29) ,『大宰帥大伴旅人卿讃酒像』 (35) ,『荘子』 (40) ,『瘤取』 (49,出光美術館) ,『四季画諧』 (61) 。また随筆集『故郷』『帰去来』,歌集『山居』などの著書がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

画家。明治14年12月30日、栃木県日光に生まれる。本名国太郎。1895年(明治28)宇都宮中学校を中退し、五百城文哉(いおしろぶんや)に油絵、水彩画を学ぶ。上京して葵橋(あおいばし)洋画研究所、ついで小山正太郎(しょうたろう)の不同舎に学び、1902年(明治35)には太平洋画会会員となる。翌年から未醒(みせい)の号を用い、近事画報社に入り、日露戦争に従軍する。08年石井柏亭(はくてい)らの美術文芸誌『方寸』の同人に加わり、この年から文展に出品を始め、第4回展で三等賞、第5回展(『水郷』出品)、第6回展と引き続き二等賞を受ける。13年(大正2)渡仏し、翌年帰国して日本美術院の再興に参加、同人として洋画部を主宰し、『老子出関』ほかに独自の東洋的浪漫(ろうまん)主義を示した。洋画部解散後、22年同志と春陽会を創立する。29年(昭和4)中国に旅行し、放庵と号を改め、しだいに水墨画の制作が多くなった。35年帝国美術院会員となる(1959年日本芸術院会員を辞退)。45年(昭和20)から新潟県赤倉に居を移し、新文人画というべき気品ある水墨画境を開いた。歌人としても知られ、『故郷』ほかの歌集、また『帰去来』ほかの随筆集がある。昭和39年4月16日没。

[小倉忠夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

洋画家、日本画家。本名国太郎。初号は未醒(みせい)。栃木県出身。五百城文哉(いおきぶんさい)に師事。挿絵画家として出発し、日本美術院同人を経て春陽会の創立に参加。随筆・和歌をよくした。芸術院会員。作品に「杣(そま)」「水郷」など。明治一四~昭和三九年(一八八一‐一九六四

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小杉放庵の関連情報