コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酎ハイ チュウハイ

4件 の用語解説(酎ハイの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐ハイ〔チウ‐〕【酎ハイ】

《「焼酎(しょうちゅう)ハイボール」の略。「チューハイ」とも書く》炭酸水で割った焼酎。多く、果汁やシロップなどで風味づけをする。→ハイボール

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

酎ハイ

甲類焼酎を炭酸で割り、果汁などを加えた酒。焼酎とハイボール(ウイスキーの炭酸割り)を合わせた造語。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちゅうハイ【酎ハイ】

〔「焼酎ハイボール」の略〕
焼酎を炭酸水で割った飲み物。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典の解説

ちゅうハイ【酎ハイ】


焼酎を炭酸水で割ったもの。また、これにレモン果汁などで風味を加えたもの。炭酸水ではなく、焼酎をウーロン茶などの茶類で割ったものも慣例的にいう。また、元来は焼酎をベースとしたが、今日では焼酎以外のウオッカなどのスピリッツを用いた製品もいう。昭和20年代に東京の居酒屋で考案されたとされる。一般家庭向けには1983(昭和58)年、東洋醸造から瓶入りのものが、翌1984(昭和59)年には宝酒造から缶入りのものが発売された。◇「焼酎ハイボール」の略で、「チューハイ」と書くのが一般的。また、各種のチューハイの名称として、前に副材料の名をつけて「レモンハイ」「ウーロンハイ」のようにいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酎ハイの関連キーワード炭酸水素塩サワー炭酸水ハイボールフィズ角ハイボールの日炭酸水の日ハイボールの日ボーアの式初留取り

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

酎ハイの関連情報