コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酎ハイ チュウハイ

とっさの日本語便利帳の解説

酎ハイ

甲類焼を炭酸で割り、果汁などを加えた酒。焼酎とハイボール(ウイスキーの炭酸割り)を合わせた造語

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

ちゅうハイ【酎ハイ】

〔「焼酎ハイボール」の略〕
焼酎を炭酸水で割った飲み物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

飲み物がわかる辞典の解説

ちゅうハイ【酎ハイ】


焼酎を炭酸水で割ったもの。また、これにレモン果汁などで風味を加えたもの。炭酸水ではなく、焼酎をウーロン茶などの茶類で割ったものも慣例的にいう。また、元来は焼酎をベースとしたが、今日では焼酎以外のウオッカなどのスピリッツを用いた製品もいう。昭和20年代に東京の居酒屋で考案されたとされる。一般家庭向けには1983(昭和58)年、東洋醸造から瓶入りのものが、翌1984(昭和59)年には宝酒造から缶入りのものが発売された。◇「焼酎ハイボール」の略で、「チューハイ」と書くのが一般的。また、各種のチューハイの名称として、前に副材料の名をつけて「レモンハイ」「ウーロンハイ」のようにいう。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

酎ハイの関連キーワード日本の焼酎焼酎の種類缶酎ハイ烏竜ハイ甲類焼酎RTD

酎ハイの関連情報