酒皶(読み)シュサ

  • 酒×皶/酒×皻
  • 酒皶 rosacea

食の医学館の解説

《どんな病気か?》


〈くわしい原因は不明。熱いものや刺激物を避ける〉
 酒皶(しゅさ)とは、鼻の頭やほお、ひたいの毛細血管(もうさいけっかん)が拡張して皮膚が赤くなる病気で、俗に赤ら顔、赤鼻(あかはな)などと呼ばれています。
 初期には、この赤みはでたり消えたりしますが、そのうち消えずに残り、にきびやみみずばれに似て見えるようになります。
 赤ら顔は酒の飲みすぎのせいと思われがちですが、それが直接の原因ではなく、くわしい原因は不明です。

《関連する食品》


〈ビタミンB群が有効だが、ナイアシンを含む食品は除く〉
○栄養成分としての働きから
 アルコールや熱い飲みものなど、一般的に飲食すると皮膚が赤くなるような食品は、酒皶の赤みも増すことが多く、避けたほうが無難です。
 トウガラシなど辛いスパイスもひかえます。
 このほか、アレルギー反応を起こす化学伝達物質ヒスタミンの分泌(ぶんぴつ)をうながすトマト、ホウレンソウ、チーズ、ヨーグルト、チョコレートなどの食品も、人によっては誘因となる場合があります。
 食物アレルギーが原因の1つとなる場合もあるため、食事日記をつけ、どの食品を食べたあとに悪化するかを調べるのもいいでしょう。
 酒皶にはビタミンB群、なかでもB2が効果を発揮するという研究もあります。ただし、B群の仲間であるナイアシンには、血管を拡張させ、血液循環をよくする働きがあり、赤みの原因となるので避けましょう。
 レバーや、サバ、ブリなどの魚にはビタミンB2が豊富に含まれていますが、ナイアシンも多く含まれるのでひかえ、納豆、アーモンド、マッシュルームなどでB2をとるようにしましょう。

出典 小学館食の医学館について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

酒焼けともいう。顔面の皮膚の脂肪分泌が増加し,血管が拡張して炎症を起こすもので,その症状によって第1~3度に分けられる。第1度ではの先が赤くなり,ほおも全体的に赤くなって光沢をおび,皮膚表面に細かい血管の拡張がみられる。この状態を赤鼻ともいう。第2度になると酒皶性痤瘡(ざそう)ともいい,鼻,ほお,額,おとがいなどに赤い丘疹が多数生じ,膿疱もまじってくる。自覚症状としては灼熱感があるがかゆみはさほど強くない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

慢性皮膚疾患の一。鼻の先・頰ほおなどが赤くなり、脂ぎって、にきび状の丘疹きゆうしん・膿疱のうほうを生じる。赤鼻。酒皶鼻しゆさび

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android