酒皶(読み)シュサ

食の医学館の解説

しゅさ【酒皶】

《どんな病気か?》


〈くわしい原因は不明。熱いものや刺激物を避ける〉
 酒皶(しゅさ)とは、鼻の頭やほお、ひたいの毛細血管(もうさいけっかん)が拡張して皮膚が赤くなる病気で、俗に赤ら顔、赤鼻(あかはな)などと呼ばれています。
 初期には、この赤みはでたり消えたりしますが、そのうち消えずに残り、にきびやみみずばれに似て見えるようになります。
 赤ら顔は酒の飲みすぎのせいと思われがちですが、それが直接の原因ではなく、くわしい原因は不明です。

《関連する食品》


〈ビタミンB群が有効だが、ナイアシンを含む食品は除く〉
○栄養成分としての働きから
 アルコールや熱い飲みものなど、一般的に飲食すると皮膚が赤くなるような食品は、酒皶の赤みも増すことが多く、避けたほうが無難です。
 トウガラシなど辛いスパイスもひかえます。
 このほか、アレルギー反応を起こす化学伝達物質ヒスタミンの分泌(ぶんぴつ)をうながすトマト、ホウレンソウ、チーズ、ヨーグルト、チョコレートなどの食品も、人によっては誘因となる場合があります。
 食物アレルギーが原因の1つとなる場合もあるため、食事日記をつけ、どの食品を食べたあとに悪化するかを調べるのもいいでしょう。
 酒皶にはビタミンB群、なかでもB2が効果を発揮するという研究もあります。ただし、B群の仲間であるナイアシンには、血管を拡張させ、血液循環をよくする働きがあり、赤みの原因となるので避けましょう。
 レバーや、サバ、ブリなどの魚にはビタミンB2が豊富に含まれていますが、ナイアシンも多く含まれるのでひかえ、納豆、アーモンド、マッシュルームなどでB2をとるようにしましょう。

出典 小学館食の医学館について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅさ【酒皶 rosacea】

酒焼けともいう。顔面の皮膚の脂肪分泌が増加し,血管が拡張して炎症を起こすもので,その症状によって第1~3度に分けられる。第1度ではの先が赤くなり,ほおも全体的に赤くなって光沢をおび,皮膚表面に細かい血管の拡張がみられる。この状態を赤鼻ともいう。第2度になると酒皶性痤瘡(ざそう)ともいい,鼻,ほお,額,おとがいなどに赤い丘疹が多数生じ,膿疱もまじってくる。自覚症状としては灼熱感があるがかゆみはさほど強くない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酒皶
しゅさ

俗に赤鼻といわれるもので、中年以降の女性に多くみられる慢性皮膚疾患である。顔面とくに鼻、頬(ほお)、下あご、額などの毛細血管が拡張し、顔面皮脂腺(せん)の分泌が亢進(こうしん)し、痤瘡(ざそう)(にきび)様発疹(ほっしん)がこれに加わる。したがって、赤ら顔で皮膚表面が油性光沢を呈している場合が多い。ときに角膜炎、眼瞼(がんけん)炎などの眼症状を伴う。酒皶はその程度により3度に分類される。第1度は顔面の脂漏と毛細血管拡張を伴った紅斑(こうはん)がみられ、紅斑性酒皶という。第2度はさらに毛穴に一致して丘疹や膿疱(のうほう)などを発するもので、酒皶性痤瘡という。第3度は結合組織の増殖が加わったもので、多くは鼻背下部から鼻尖(びせん)、鼻翼にかけて凹凸不整の腫瘤(しゅりゅう)を生じたもので、鼻瘤という。これは男性に多くみられ、日本人ではまれである。最近中年以降の女性に多くみられる酒皶様皮膚炎、口囲皮膚炎などは、一見酒皶様痤瘡と類似した臨床所見を呈するが、これらは副腎(ふくじん)皮質ホルモン外用剤(とくに構造式内にハロゲンを含有する製剤)の長期使用により生じたステロイド皮膚炎であって、酒皶とは本質的に異なった疾患である。

 誘因としては、香辛料、アルコール、高温の食物、たばこ、外界気温の変動、精神的緊張、消化器障害、毛嚢(もうのう)虫の寄生などがあげられる。治療は、1~2度のものでは誘因を避け、痤瘡に準じた治療を根気よく行う。第3度の鼻瘤では、軽度のものには削皮(さくひ)術、中等度のものには腫瘤切除および遊離植皮術を行う。

[池田重雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる