コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里見勝蔵 さとみ かつぞう

美術人名辞典の解説

里見勝蔵

洋画家。京都生。関西美術院鹿子木孟郎に、また東美校西洋画科に学ぶ。安井曽太郎セザンヌに傾倒、フォーヴィズムの影響も受ける。二科展・院展で活躍する一方、前田寛治佐伯祐三らと1930年協会を設立。のち児島善三郎らと独立美術協会を創立した。戦後は国画会会員となった。著書に『ブラマンク』等がある。昭和56年(1981)歿、85才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

里見勝蔵【さとみかつぞう】

洋画家。京都市生れ。東京美術学校卒業後,1921年―1925年フランスに留学し,ブラマンクフォービスムを学んだ。その後二科会会員となり,1926年佐伯祐三前田寛治らと〈1930年協会〉を結成,さらに1930年二科会を脱退して独立美術協会を興し,フォーブの運動を展開した。
→関連項目児島善三郎1930年協会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

里見勝蔵 さとみ-かつぞう

1895-1981 大正-昭和時代の洋画家。
明治28年6月9日生まれ。大正10年フランスにわたり,ブラマンクに師事。帰国後,二科展で樗牛(ちょぎゅう)賞,二科賞を受賞。15年佐伯祐三(さえき-ゆうぞう)らと一九三○年協会を結成し,昭和5年林武(たけし)らと独立美術協会を創立。戦後は国画会会員。昭和56年5月13日死去。85歳。京都出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さとみかつぞう【里見勝蔵】

1895~1981) 洋画家。京都生まれ。渡仏し、ブラマンクに師事。独立美術協会を結成。一貫してフォービスム風の作品を制作した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の里見勝蔵の言及

【フォービスム】より

…日本では,すでに1910年代に万鉄五郎がフォービスム的な作風を示し,12年のフュウザン会第1回展にはこの傾向の作品が出品された。30年結成された独立美術協会の創立会員には多かれ少なかれフォービスムの影響が見られ,フランスでブラマンクに師事し25年帰国した里見勝蔵(1895‐1981)がその最も顕著な例である。【中山 公男】。…

【明治・大正時代美術】より

…彼らは関東大震災の前後にフランスへ留学し,いわゆるエコール・ド・パリの雰囲気のなかで20世紀の反自然主義的な近代絵画の洗礼を受け,大正末ころにあいついで帰国してくる。里見勝蔵(1895‐1981),前田寛治,佐伯祐三らがそうであり,彼らは木下孝則(1895‐1973),小島善太郎(1892‐1984)と一九三〇年協会を結成する。26年の第1回展には,古賀春江,野口弥太郎(1899‐1976),林武,林重義(1896‐1944),川口軌外(きがい)(1892‐1966),木下義謙(1898‐1996),宮坂勝(1895‐1953),中野和高(1896‐1965),中山巍(たかし)(1893‐1978),伊原宇三郎(1894‐1976),福沢一郎,長谷川利行,靉光ら,昭和期に活躍する青年画家が多く集まった。…

※「里見勝蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

里見勝蔵の関連キーワードモーリス・ド ブラマンク一九三〇年協会佐伯 祐三川上 尉平小島善太郎木下孝則小泉 清昭和時代伊藤廉山本正

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android