コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐伯祐三 さえきゆうぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐伯祐三
さえきゆうぞう

[生]1898.4.28. 大阪
[没]1928.8.16. パリ郊外ヌイイシュルマルヌ
洋画家。光徳寺住職の次男に生れる。中学校時代より油絵を赤松麟作に学び,1917年川端画学校を経て 18年東京美術学校に入学,藤島武二に師事。 23年卒業後渡仏し M.ブラマンク師事。 25年サロン・ドートンヌに『靴屋』 (石橋美術館) を出品し入選。翌年3月帰国し二科会展に滞仏作品を特別出品,二科賞受賞。また前田寛治らと一九三〇年協会を結成し,第1回展に滞欧作 11点を出品。 27年秋妻子とともに再び渡仏。主としてパリの街をモチーフに激情的な,しかしときに孤独な情感を鋭い奔放な筆致で描いた。晩年,表現主義的傾向はますます先鋭になったが,病を得てパリ郊外で夭折。主要作品『レ・ジュ・ド・ノエル』 (1925) ,『人形』 (25頃) ,『雪合戦』 (27,東京国立近代美術館) ,『ガス灯と広告』 (27,同) ,『モランの寺』 (28,同) ,『郵便配達夫 II』 (28,大阪市立美術館) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さえき‐ゆうぞう〔さへきイウザウ〕【佐伯祐三】

[1898~1928]洋画家。大阪の生まれ。渡仏してブラマンクに師事、ユトリロの影響も受け、パリの街頭風景を数多く描いた。パリで客死

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

佐伯祐三【さえきゆうぞう】

洋画家。大阪生れ。北野中学在学中に赤松麟作に学び,卒業後上京して川端画学校に入門,次いで東京美術学校に入学した。1922年卒業し,渡仏。ブラマンクに師事して大きな影響を受け,パリの裏町を粘りのある暗い色彩で描いた。
→関連項目山口長男

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐伯祐三 さえき-ゆうぞう

1898-1928 大正-昭和時代前期の洋画家。
明治31年4月28日生まれ。大正12年妻の米子(よねこ)とともに渡仏。ブラマンク,ユトリロの影響をうけた。パリの街頭風景をえがき,14年「靴屋の店」がサロン-ドートンヌに入選。15年帰国し,前田寛治らと一九三○年協会を結成。同年滞欧作品で二科賞受賞。昭和2年再渡仏し,3年8月16日パリで客死。31歳。大阪出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。作品に「下落合風景」「ガス灯と広告」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さえきゆうぞう【佐伯祐三】

1898‐1928(明治31‐昭和3)
洋画家。大阪市東淀川区に生まれ,中学在学中に大阪で赤松麟作(1878‐1953)の赤松洋画研究所に学び,川端画学校を経て,1923年東京美術学校を卒業,前年に結婚した米子(旧姓池田,洋画家。1903‐72)とともに渡仏。ブラマンクについてフォービスムの影響をうけ,またユトリロの抒情的作風をもとりいれて,神経の鋭い激情的な,またメランコリックな情感あふれる筆致で,パリの街景を盛んに描く。25年サロン・ドートンヌに《靴屋》が入選。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さえきゆうぞう【佐伯祐三】

1898~1928) 洋画家。大阪生まれ。東京美術学校卒業後渡仏、ブラマンクに師事し、パリの街景を描いた傑作を残した。作「ガス灯と広告」「モランの寺」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐伯祐三
さえきゆうぞう
(1898―1928)

洋画家。明治31年4月28日、大阪で光徳寺の住職の次男として生まれる。北野中学校4年生のころから赤松麟作(りんさく)の画塾でデッサンを習う。1917年(大正6)中学卒業の秋、画家を志して上京し、川端画学校で藤島武二(たけじ)の指導を受け、翌年東京美術学校西洋画科に入学、在学中の21年に池田米子(よね)(後の洋画家佐伯米子)と結婚。23年美術学校を卒業して、翌年1月パリに着き、グランド・ショミエールの自由科に通い始める。やがて里見勝蔵にブラマンクを紹介され、このフォーブ画家の啓示と強い影響を受けるほか、ユトリロにも感動している。25年サロン・ドートンヌに『靴屋』ほかが入選。翌年3月に帰国し、里見、前田寛治(かんじ)らと「一九三〇年協会」を結成して第1回展を開き、同年秋の二科展には滞欧作19点を特別陳列して二科賞を受けた。『下落合(しもおちあい)風景』『滞船』を連作するが、日本の風土と自己の画風が一致せず、シベリア鉄道経由で27年(昭和2)9月パリにふたたび戻って、サロン・ドートンヌに『新聞屋』ほかを出品し、翌年にかけて盛んな制作活動を行った。第二次パリ時代の画風の特色はカリグラフィック(書法的)な表現主義的線描の駆使であり、『ガス灯と広告』ほかに、鋭い神経と奔放ながらも洗練度の高い筆勢を生かしている。またモランへ写生旅行し、重厚な寺院や風景を描くが、過度の制作による疲労から健康を害し、室内で『郵便配達夫』などを制作した。しかし結核に加えて神経衰弱が進み、パリ郊外のエブラール精神科病院に入院し、昭和3年8月16日に30歳の生涯を閉じた。[小倉忠夫]
『阪本勝著『佐伯祐三』(1970・日動出版部) ▽朝日晃解説『現代日本美術全集9 佐伯祐三』(1971・集英社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

佐伯祐三の関連キーワードモーリス・ド ブラマンク佐伯祐三アトリエ記念館和歌山県立近代美術館新潟県立近代美術館三重県立美術館笠間日動美術館鈴木 亜夫天一美術館佐伯 米子今泉 篤男荻須 高徳山田 新一里見 勝蔵赤松 麟作喜多美術館荻須高徳阪本 勝佐伯米子里見勝蔵橋本 花

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐伯祐三の関連情報