コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児島善三郎 こじま ぜんさぶろう

8件 の用語解説(児島善三郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

児島善三郎

洋画家。福岡県生。岡田三郎助の本郷洋画研究所で一時学んだのち渡仏。南画・琳派など日本の伝統絵画の造形を油絵の中に採用し、豪快で装飾性に富んだ独自の様式を確立した。二科会会員・独立美術協会創立会員・新文展審査員。昭和三七37年(1962)歿、69才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こじま‐ぜんざぶろう〔‐ゼンザブラウ〕【児島善三郎】

[1893~1962]洋画家。福岡の生まれ。二科会会員を経て独立美術協会の結成に参加。フォービスムの手法と日本画の伝統美を融合した、装飾性に富む画風を確立。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

児島善三郎【こじまぜんざぶろう】

洋画家。福岡市生れ。1913年上京して岡田三郎助の本郷絵画研究所に学び,1921年二科展二科会)に入選して画壇に登場。1924年―1928年滞欧。1930年里見勝蔵林武らと独立美術協会を結成。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児島善三郎 こじま-ぜんざぶろう

1893-1962 大正-昭和時代の洋画家。
明治26年2月13日生まれ。本郷洋画研究所でまなぶ。大正11年「裸女」で二科賞。昭和5年里見勝蔵らと独立美術協会を結成。日本的洋画を提唱した。昭和37年3月22日死去。69歳。福岡県出身。長崎医専中退。代表作に「鏡を持てる女」「渓流」「アルプスへの道」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

こじまぜんざぶろう【児島善三郎】

1893‐1962(明治26‐昭和37)
洋画家。福岡市の出身。1913年に上京,東京美術学校受験のため,岡田三郎助の指導する本郷洋画研究所に2ヵ月ほど籍を置いたが受験に失敗し,以後独学。21年二科展初入選。24年から28年まで滞欧,エコール・ド・パリ,なかでもアンドレドランの影響をうけた。帰国後,第15回二科展に滞欧作を特別陳列し,会友に推挙された。しかし,30年には二科会を脱退し,独立美術協会の創立に参加した。35年ごろから児島は,桃山時代の障屛画,琳派,南画など日本の伝統絵画の造形を油彩画の中に採り入れ,豪放華麗で細部にとらわれない独自の様式を確立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こじまぜんざぶろう【児島善三郎】

1893~1962) 洋画家。福岡県生まれ。岡田三郎助に学ぶ。フォービスムの手法に日本画の装飾を加えた作品を描いた。代表作「アルプスへの道」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

児島善三郎
こじまぜんざぶろう

[生]1893.2.13. 福岡
[没]1962.3.22. 東京
洋画家。長崎医学専門学校を中退して 1913年上京。翌年より岡田三郎助の本郷研究所に学ぶ。 21年二科展に初入選,翌年『代々木風景』などで二科賞を受けた。 24~28年フランスに留学。 30年二科会を脱退して独立美術協会の創立に参加。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

児島善三郎
こじまぜんざぶろう
(1893―1962)

洋画家。福岡市生まれ。1913年(大正2)長崎医専薬学科を中退して上京し、本郷絵画研究所に学ぶ。21年二科展に初入選、翌年二科賞を受賞、同年の平和記念東京博覧会でも褒状を受ける。24年フランスに留学し、28年(昭和3)帰国して第15回二科展に『鏡を持つ女』ほか滞欧作を特陳し、会友となる。30年二科会会員となるが、同年退会して里見勝蔵ら同志と独立美術協会を創立した。しだいにフォーブ的作風と南画伝統とを融合して独自の風景画境を開き、第二次世界大戦後は花の静物画にも鮮麗な装飾画風を打ち立てた。62年(昭和37)の現代日本美術展において、その遺業に特別賞が贈られた。代表作に『東風』『アルプスへの道』ほかがある。[小倉忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

児島善三郎の関連キーワード福岡市の屋台原則一代限り規制福岡県福岡市博多区井相田福岡県福岡市西区今津福岡県福岡市早良区内野福岡県福岡市西区小戸福岡県福岡市東区勝馬福岡県福岡市西区小田福岡県福岡市博多区千代福岡県福岡市西区能古福岡県福岡市東区弘

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

児島善三郎の関連情報