コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野外活動 やがいかつどう

3件 の用語解説(野外活動の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

やがいかつどう【野外活動】

教育の一環として、自然の中で集団で行う種々の活動。キャンプ・登山・臨海学校など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やがいかつどう【野外活動】

都市生活が多くなった人々が自然に帰って野外で行う各種の活動の総称。自然の中で生活することによって,自然の変化や動植物の生態を学び,自然保護についての理解を深める。また学校をはなれて,共同生活の中で人間の相互理解を通じて多くのものを学ぶ教育を野外教育と呼んでいる。野外活動が生活の必要性からはなれ,教育やレクリエーションの目的で行われるようになるのは19世紀後半からで,イギリスに始まるYMCAボーイ・スカウトの運動,ドイツに始まるワンダーフォーゲルユース・ホステルの運動などがこうした野外活動の普及・発展に貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野外活動
やがいかつどう

豊かな自然環境のなかで、規律ある共同生活や、キャンプハイキングサイクリングオリエンテーリングスキースケート、登山、水泳、植物・昆虫採集、農作業などの各種の活動を集団で行うこと。主として青少年を対象に、学校や社会教育団体が計画、実施するものをいう。林間学校臨海学校もこの一種と考えられる。修学旅行の日程のなかにこれを組み入れる学校の例なども増えている。野外活動には、青少年の心身を鍛錬し、集団精神を培うなどの、多くの教育的価値が認められる。ことに、都市化の進展に伴って、都会地から急速に自然が失われつつある日本の社会の現状を考えると、青少年が自然に触れて清新の気を養うことは、そのことだけでもきわめて有意義である。ただ、野外活動には危険が伴いがちなので、適切な事前計画や、指導者に人を得ることなどは欠かせない条件だといえよう。[井上治郎]
『栗田一良他著『野外学習活動の計画と実際』(1984・明治図書出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野外活動の関連情報