コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨海学校 りんかいがっこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臨海学校
りんかいがっこう

学校の教育行事の一つ。夏季の一定期間,児童生徒を海にのぞんだ宿舎に集団合宿をさせ,水泳などの体育活動や生活訓練,集団訓練を行い,体力や健康の増進をはかる行事。昭和以降盛んに行われている。また身体虚弱な児童生徒の療養と教育を目的として海浜に設けられる学校施設をいうこともある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

りんかい‐がっこう〔‐ガクカウ〕【臨海学校】

夏休みなどに、海浜で児童・生徒を合宿させ、水泳訓練・野外活動などを通して心身の鍛練、集団生活の指導などを行うこと。また、そのための施設。 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

りんかいがっこう【臨海学校】

海水浴や保養のために海岸において開催・設置される学校施設。海水浴を目的としたものの最初は,1891年学習院が男生徒を対象に鎌倉片瀬海岸で実施した遊泳演習とされる。その後,日清・日露両戦争を契機に,海外進出をねらいとした海国思想や海事教育が重視されるとともに,水泳が男子中等学校における課外体育活動の一つとして採用された。その場合,校内にプールを設備した学校はきわめて少なかったため,海辺や河岸に近接した学校以外は,海水浴場において合宿訓練をしなければならなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

りんかいがっこう【臨海学校】

夏休みなどに、海浜で集団生活をしながら、児童・生徒の健康促進などを目的として行われる教育活動。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

臨海学校の関連キーワード病弱・身体虚弱教育臨海学校・林間学校サマーキャンプ岩井(千葉県)富山[町]修学旅行林間学校夏休み岩井富山

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

臨海学校の関連情報