コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨海学校 りんかいがっこう

4件 の用語解説(臨海学校の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臨海学校
りんかいがっこう

学校の教育行事の一つ。夏季の一定期間,児童生徒を海にのぞんだ宿舎に集団合宿をさせ,水泳などの体育活動や生活訓練,集団訓練を行い,体力や健康の増進をはかる行事。昭和以降盛んに行われている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りんかい‐がっこう〔‐ガクカウ〕【臨海学校】

夏休みなどに、海浜で児童・生徒を合宿させ、水泳訓練・野外活動などを通して心身の鍛練、集団生活の指導などを行うこと。また、そのための施設。 夏》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りんかいがっこう【臨海学校】

海水浴や保養のために海岸において開催・設置される学校施設海水浴を目的としたものの最初は,1891年学習院が男生徒を対象に鎌倉片瀬海岸で実施した遊泳演習とされる。その後,日清・日露両戦争を契機に,海外進出をねらいとした海国思想や海事教育が重視されるとともに,水泳が男子中等学校における課外体育活動の一つとして採用された。その場合,校内にプールを設備した学校はきわめて少なかったため,海辺や河岸に近接した学校以外は,海水浴場において合宿訓練をしなければならなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りんかいがっこう【臨海学校】

夏休みなどに、海浜で集団生活をしながら、児童・生徒の健康促進などを目的として行われる教育活動。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

臨海学校の関連キーワード海水浴入浜権海の家潮入り保養所オイルリグ海岸砲潮入り池ソルトヒルママイア

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

臨海学校の関連情報