野村ホールディングス[株](読み)のむらホールディングス

百科事典マイペディアの解説

野村ホールディングス[株]【のむらホールディングス】

日本最大の証券会社。証券業界で圧倒的な実力を誇るリーディング・カンパニー。1918年野村徳七が大阪野村銀行(現大和銀行)を設立し,証券業を開始。1925年証券部を分離し,野村証券を設立。当初の公社債業務専門から,1938年株式売買業務,1941年投資信託業務を加え,総合証券会社へ成長。第2次大戦後の一時期を除いて順調に発展し,1959年に野村証券投資信託委託,野村証券投資信託販売(現国際証券)を設立。1965年調査部を分離し,野村総合研究所を設立。海外へも積極的に進出し,世界有数の総合金融会社となった。徹底した実力主義と若手抜擢の積極経営で知られる。1997年総会屋への利益供与事件で元社長等が逮捕。大幅な人事刷新で再生を計った。日本興業銀行(現みずほ銀行)と資産運用分野やデリバティブ分野で提携,2000年度に制度化される確定拠出型年金に向けて中核となる運営会社を設立。資産管理型の営業にシフトしている。2001年10月に現社名に変更。本店東京。2011年資本金5944億円,2011年3月期営業収益1兆3854億円。売上構成(%)は,受入手数料47,トレーディング損益24,金融収益25,その他4。
→関連項目証券会社大東京火災海上保険[株]東洋信託銀行[株]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android