金打(読み)キンチョウ

デジタル大辞泉の解説

きん‐ちょう〔‐チヤウ〕【金打】

近世、誓いの印として、金属製の物を打ち合わせたこと。武士は刀の刃または鍔(つば)、女子は鏡などを打ち合わせた。かねうち。
「てうてうてうと―し、本蔵が心底(しんてい)かくの通り」〈浄・忠臣蔵
かたい約束。誓い。
「親にも隠し包みしは、大事を漏らさぬ心の―」〈浄・妹背山

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんちょう【金打】

( 名 ) スル
江戸時代、約束をたがえぬという誓いに、武士ならば刀の刃や鍔つば、僧侶ならば鉦かね、女子ならば鏡など、金属同士を互いに打ち合わせてその証としたこと。かねうち。 「指添さしぞえ抜き片手に刀抜出してうてうてうと-し/浄瑠璃・忠臣蔵」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金打
きんちょう

自分がだいじにする金属製品を相手のそれとち合わせ、堅い約束(起請(きしょう))をたてること。「金打する」という動詞形で多く用いられ、「かねうち」と訓読もした。おもに江戸時代の習俗で、武士はけっして違約しないという誓いのしるしに、自らの刀の刃や鍔(つば)を相手のそれと打ち合わせ、僧侶(そうりょ)は小さな鉦(かね)を、婦女子は鏡を互いに打ち合わせた。転じて堅い約束や誓約そのものをいう。[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かね‐うち【金打】

〘名〙 (━する) 自分が大切にしている金属類を打ち合わせて起請(きしょう)すること。武士は刀の刃や鐔(つば)、僧侶は小さな鉦(かね)、女子は鏡を用いた。きんちょう。〔俚言集覧(1797頃)〕

きん‐ちょう ‥チャウ【金打】

〘名〙
① 僧侶が特定の時に鉦(かね)を打つこと。
※左記(1180か)「金打員数事。初三打事。当流継園御法則也」
② (━する) 口頭で起請誓約を行なうときの作法。金属器を打ち合わせることにより、神仏をその場に立ち会わせるために行なわれた。武士は太刀、小刀などの刃や鍔(つば)などを、相手のそれと打ち合わせ、僧侶は小さな鉦(かね)、女子は鏡を打ち合わせた。かねうち。
※看聞御記‐応永二四年(1417)六月一四日「三郎非張行之由金打陳申」
※大観本謡曲・錦戸(室町末)「君に心変り申すなと、堅く申しつけ金打(キンチャウ)せさせて候」
③ 転じて、かたい約束。誓い。かねうち。
浄瑠璃・近江源氏先陣館(1769)二「ハテ疑ひ深い。コレこの通りと毒見の金打(キンテウ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金打の関連情報