金槌・鉄槌・鉄鎚(読み)かなづち

精選版 日本国語大辞典「金槌・鉄槌・鉄鎚」の解説

かな‐づち【金槌・鉄槌・鉄鎚】

〘名〙
① つちの頭を鉄で作ったもの。かなさいづち。とんかち。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
② 江戸時代、米市場に対して米価を引き下げるように、という官の申し渡し。
(1842‐幕末頃)「米商内之事に付、御上様より、〈〉可引下様被仰渡有を金槌
③ (かなづちは水に沈んでしまうところから) 泳ぎのできないこと。また、その人。
※少年行(1907)〈中村星湖〉七「泳ぎにだけは連れてってお呉れでないよ、〈略〉牧夫はから鉄槌(カナヅチ)だからね」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android