金花糖(読み)きんかとう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金花糖
きんかとう

砂糖菓子の一種。白砂糖を練り、鯛(たい)、鯉(こい)、松竹梅など有平糖(あるへいとう)の細工物をまねて、あわせ木型の彫りに流し、有平糖のものそっくりに筆や刷毛(はけ)で彩色した。内部は空洞であるが、大きなものは豪華にみえる。幕末に上方(かみがた)でつくられ、嘉永(かえい)年間(1848~54)江戸にも普及したが、床見世(とこみせ)というにわか作りの板小屋での商い、または振売りの商う菓子であった。しかし庶民の式事の飾り物には、祝い鯛や野菜物を模した金花糖が使われている。明治期には「よかよか飴屋(あめや)」も金花糖を売り歩いたが、昭和初期の金花糖は駄菓子屋の王者であった。おもに当て物用で、1等賞品の大鯛で子供の射幸心をあおった。この砂糖菓子の親類に生姜糖(しょうがとう)がある。[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

きんか‐とう〔キンクワタウ〕【金花糖/金華糖】

白砂糖を水で溶いて練り、鯛(たい)や野菜などをかたどった木型に流し入れて固め、表面を彩色した菓子。祝い事などに用いられる。有平糖をまねて作られたものとされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金花糖の関連情報