コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金花銀 きんかぎん jin-hua-yin; chin-hua-yin

2件 の用語解説(金花銀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金花銀
きんかぎん
jin-hua-yin; chin-hua-yin

中国,明代の租税の一種。宣徳8 (1433) 年,江南の巡撫周忱 (しゅうしん) が松江府などの地方で,従来米で納めていた田賦 (土地税) を銀納に改めたのが始り。正統1 (36) 年,江南各地方では銀納が制度化され,折糧銀と呼ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金花銀
きんかぎん

中国、明(みん)代の華中・華南から租税として国家に納入された銀をさす。この名称は、1433年、揚子江(ようすこう)下流域一帯を統治する応天巡撫(じゅんぶ)であった周忱(しゅうしん)が蘇州(そしゅう)・松江(しょうこう)地方で租税改革を実施したとき、初めて用いられた。周忱は、従来、現物の米で納入する決まりであった土地税のうち、官田の一部など、とくに税率の高い土地からの納入分については、銀や綿布で代納することを認めた。この代納された銀が当時金花銀とよばれた。まもなく1436年、武官の俸給を米から銀に切り換えるにあたって、明朝は土地税の一部の銀による代納を公式に認め、その適用地域を、華中・華南全体に拡大した。商品生産と貨幣経済の回復・発展を背景にもつこの代納制は、便利な銀の入手を求める官僚と、米に比べて実質負担の軽い銀納を好む農民との利害の一致もあって急速に普及していった。この種の銀の租税制度上の正式呼称は、代納銀を意味する折糧銀(せつりょうぎん)であったが、租税、徭役(ようえき)それぞれの銀納化と徴収額表示の簡明化を内容とする16世紀の全国的改革、すなわち一条鞭法(いちじょうべんぽう)の時代以後、しだいに金花銀の名が一般化した。[森 正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の金花銀の言及

【周忱】より

…1430年(宣徳5)から20年あまり,長江(揚子江)下流南岸一帯の租税徴収の確保と治安の維持を目的とする応天巡撫をつとめた。この地方に多く設置された官田の高額租税の引下げ,租税の付加負担である加耗(かこう)の不公平な割当の是正,租税の一部の銀による代納を認める金花銀制の創始をはじめ多方面にわたる総合的な財政改革を行い,多額の滞納を一掃し,従来の総収入額を確保するとともに,土地所有者の社会的地位や個々の地片の地目の差異による租税実質負担の不均衡の是正につとめた。周忱の財政改革の方向は,一条鞭法(いちじようべんぽう),地丁銀へと進む税率の均一化・銀納化の出発点であり,後世に影響を与えた。…

※「金花銀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金花銀の関連キーワード周忱宣徳宣徳火鉢宣徳窯納租塩浜運上手末の調スミスの租税4原則租税の一般的優先権マスグレーブの租税6原則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone