コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周忱 しゅうしん Zhou Chen; Chou Ch`ên

3件 の用語解説(周忱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

周忱
しゅうしん
Zhou Chen; Chou Ch`ên

[生]洪武14(1381)
[没]景泰4(1453).10.
中国,明の政治家。江西省吉水県の人。字は恂如。永楽2 (1404) 年の進士。宣徳5 (30) 年工部侍郎となり,のち戸部尚書,工部尚書と進んだが,この間 20年余江南巡撫として平米法や金花銀の制を創始し,また糧長制,漕運法の改革など租税制度を改善し,水利事業にも成績を上げた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうしん【周忱 Zhōu Chén】

1381‐1453
中国,明初の政治家。江西省吉水県の人。字は恂如(じゆんじよ),諡(おくりな)は文襄。永楽2年(1404)の進士。1430年(宣徳5)から20年あまり,長江(揚子江)下流南岸一帯の租税徴収の確保と治安の維持を目的とする応天巡撫をつとめた。この地方に多く設置された官田の高額租税の引下げ,租税の付加負担である加耗(かこう)の不公平な割当の是正,租税の一部の銀による代納を認める金花銀制の創始をはじめ多方面にわたる総合的な財政改革を行い,多額の滞納を一掃し,従来の総収入額を確保するとともに,土地所有者の社会的地位や個々の地片の地目の差異による租税実質負担の不均衡の是正につとめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

周忱
しゅうしん
(1381―1453)

中国、明(みん)初期の有能な財政官僚。江西省吉水県の人。字(あざな)は恂如(じゅんじょ)。諡(おくりな)は文襄(ぶんじょう)。1404年の進士。1430年から20年あまり、当時の国家のもっとも重要な財源であった揚子江(ようすこう)下流南岸の蘇州(そしゅう)、松江(しょうこう)、常州(じょうしゅう)、嘉興(かこう)、湖州(こしゅう)などの諸府からの租税徴収確保、およびこの地方の治安維持にあたる南直隷巡撫(みなみちょくれいじゅんぶ)を務めた。この地方に多く設置されていた官田(かんでん)という国有地の高率土地税の切下げ、土地税の付加負担部分である加耗(かこう)割当ての社会的地位に基づく不公平の是正、土地税の一部の銀による代納を認める金花銀(きんかぎん)制の創始をはじめ、多方面にわたる総合的な財政改革を、綿密な現地事情調査に基づいて断行し、多額の滞納を一掃するとともに、従来の土地税総収入額を確保した。
 周忱の改革は、危機に瀕(ひん)していた洪武帝・永楽帝以来の明初の財政を立て直しただけでなく、土地税の税率均一化、銀納化の方向を打ち出すことによって、明朝後半期から清(しん)朝前期にかけて行われた一条鞭法(いちじょうべんぽう)、地丁併徴(ちていへいちょう)などの財政改革に大きな影響を与えた。周忱は巡撫在任当時、工部右侍郎(うじろう)、戸部(こぶ)尚書など中央政府の高官の肩書を与えられていたほか、巡撫辞任後の晩年には工部尚書を務めた。[森 正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

周忱の関連キーワード欧陽修張国燾楊万里欧陽脩山濤曽鞏曽先之林森李烈鈞清江(中国江西省)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone