コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金融統計 きんゆうとうけい

2件 の用語解説(金融統計の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きんゆうとうけい【金融統計】

通貨,金融機関諸勘定,金融・証券市場の取引状況などの金融に関する諸統計を指す。金融統計は,主として経済動向分析や金融機関の財務分析の資料として作成されるもので,目的に応じて種類はきわめて多岐にわたっている。大半の金融統計は金融機関の業務記録を基にして作成されること,また大部分が全数調査であることから,統計としての信頼性は高い。反面,金融制度や金融機関の経理方式の変更等によってデータ不連続となりやすく,また類似の指標が多く紛らわしいので,利用に当たっては十分留意する必要がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金融統計
きんゆうとうけい
financial statistics

通貨の発行・流通状態や金融機関の経営内容、さらにはそれらの資料をもとにして作成される通貨増減要因や資金循環状況などを示す金融に関する各種の統計に対する総称。これらの統計は、主として銀行、証券、保険などの金融機関が日常業務を行うに際して作成したり、業務に際して取得される記録や情報に基づいて、一定時期ごとに業務の結果を整理、分析、報告する目的で、集計、加工、編成することによって得られる業務統計の一種である。したがって、金融統計相互間、あるいは他の種類の統計や公的統計などとの間に、完全な整合性を求めえない部分もあるが、その一方で、日常業務に基づくため速報性や正確性が高いという長所ももつ。
 日本の金融統計を内容の面から分類すると、通貨の発行・流通に関する統計、それに基づいた分析統計、金融取引に関する統計、金融機関の経営状況に関する統計に分けられる。通貨統計においては、現金通貨に関して日銀券発行高、入出超高が、預金通貨について流通高、回転率などが示される。分析統計は、通貨の増減要因や流通状況を国民経済全体のなかで集約、分析するものであり、日銀券発行還収要因、現金通貨・預金通貨(マネーサプライ)、経済部門別通貨増減要因分析(マネタリー・サーベイ)、資金循環勘定(マネー・フロー表)の各統計からなる。金融取引統計に含まれるものとしては、公定歩合、市中金利、コールレートなどの利子に関するもの、手形交換に関するものなどがある。また、金融機関に関する統計は、銀行・政府金融機関等の財務諸表、預金・貸出の状況などを含んでいる。以上のほかに、有価証券、外国為替(かわせ)についての統計も金融統計に含まれる。
 これらの統計は、作成機関によって種々の形で公表されているが、もっとも一般的で総括的な資料としては、日本銀行の『金融経済統計月報』および『日本銀行統計』(季刊)、財務省の『財政金融統計月報』などがある。また、民間金融機関の預金・貸出に関する統計資料としては全国銀行協会から『全国銀行財務諸表分析』が出されており、証券統計としては東京証券取引所による『東証統計月報』および同『年報』が利用可能である。さらに、国際金融関係については、日本銀行による『国際収支統計季報』(月報は2006年12月で廃刊)が基本統計資料である。[高島 忠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金融統計の関連キーワードオフショア市場金融機関金融相場資本市場金融公庫金融システム金融不安金融規制指定金融機関日本銀行の緊急措置

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金融統計の関連情報