(読み)ぜに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


ぜに

貨幣の一種。鵞眼 (ががん) ,青鳧 (せいふ) ,鳥目 (ちょうもく) ,青ともいわれ,円形で中央に穴のある金属貨幣。銅を主材料とし,これに金,銀,鉄,鉛,真鍮などを入れて鋳造されたこともあった。1銭を1文と呼び,1000文を1貫と呼んだ。日本では,7世紀後半に銅銭の史料的記述を認めることができるが,国に鋳銭司をおいて鋳造した最初のものは,和銅1 (708) 年の和同開珎である。以来,奈良時代を通じてその鋳造が行われ,平安時代前期の天徳2 (958) 年乾元大宝の鋳造に及んだ。これら律令制下の鋳造銭は 12種類に達し,いわゆる皇朝十二銭と呼ばれており,これは流通せず,鋳造が中断された。鎌倉,室町時代には,中国から宋銭,元銭,明銭が輸入され流通した。戦国時代には,それら多種類の銭の流通により,撰銭 (えりぜに) が行われ,混乱が著しかったが,安土桃山時代,織田信長,豊臣秀吉により銭貨の統一が促進され,江戸時代に入って寛 13 (1636) 年寛永通宝の鋳造以来,各種の銭貨が鋳造され,商業の発展とともにその多量な流通がみられた。銭貨の鋳造は,江戸,大坂のみならず,水戸,仙台その他の地方においても行われた。 (→日本の貨幣制度 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぜ‐ぜ【銭】

ぜに(銭)をいう幼児語。おぜぜ。

ぜに【銭】

《「せん(銭)」の音変化》
金・銀・銅など、金属でつくられた貨幣。多く円形で、中央に穴がある。
貨幣。金銭。かね。「をためる」
江戸時代、銅・鉄でつくられた貨幣。金・銀でつくられたものに対していう。
紋所の名。銭の形をかたどったもの。

せん【銭】

貨幣の単位。円の100分の1。
昔の貨幣の単位。貫の1000分の1。文(もん)。

せん【銭〔錢〕】[漢字項目]

[音]セン(漢) [訓]ぜに
学習漢字]5年
〈セン〉
ぜに。かね。「銭湯悪銭金銭古銭口銭賽銭(さいせん)借銭鋳銭銅銭米銭連銭(れんぜん)
貨幣の単位。円の一〇〇分の一。「一銭
〈ぜに〉「銭形小銭日銭身銭

ちゃん【銭】

唐音》ぜに。金銭。ちゃんころ
「―一文無き此の身の仕合せ」〈浮・新色五巻書・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぜに【銭】

日本では貨幣の総称として銭という用語が使われるが,金銀貨との比較のうえで銭貨といえば,主として銅銭を意味する。日本最初の官銭としての銭貨は708年(和銅1)鋳造の和同開珎(わどうかいちん)で,以後,万年通宝,神功開宝,隆平永宝,富寿神宝,承和昌宝,長年大宝,饒益神宝,貞観永宝,寛平大宝,延喜通宝,乾元大宝のいわゆる皇朝十二銭が鋳造・発行された。中世に入ると各種の中国渡来銭が日本に流入して渡唐銭と呼ばれ,鎌倉時代には宋・元の銭貨が,室町時代には明銭が主として用いられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぜぜ【銭】

〔幼児語〕
ぜに。おかね。おあし。

ぜに【銭】

〔字音「せん」の「ん」を「に」と表記したもの〕
四角い穴のある円形の金属貨幣。金・銀・銅などで作る。日本では和同開珎かいちんが最初。鵝眼ががん。鵝目。鳥目ちようもく
江戸時代、銅・鉄製の貨幣。金・銀製の貨幣に対していう。
貨幣一般の俗称。かね。金銭。 「 -勘定」
家紋の一。銭の形を図案化したもの。真田六文銭など。
[句項目] 銭を買う 銭をつく

せん【銭】

金・銀の貨幣に対して、銅・鉄などの貨幣の称。ぜに。 「一文-」 「天保-」
貨幣の単位。円の100分の1。
昔の貨幣の単位。一貫の1000分の1。文もん
重量の単位。一貫の1000分の1(3.75グラム)。匁もんめ

ちゃん【銭】

〔唐音「ちぇん」の転という〕
ぜにのこと。かね。ちゃんころ。 「 -が一文なくて/浮世草子・永代蔵 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜに【銭】

〘名〙 (「せん(銭)」の変化した語)
① 金、銀、銅などの金属でつくられた貨幣。多く、円形で中央に穴がある。鵝眼(ががん)。鵝目(がもく)。鳥目(ちょうもく)
※書紀(720)顕宗二年一〇月(寛文版訓)「百姓殷(さかり)に富めり。稲(いね)(ひとさか)に銀の銭(セニ)一文(ひとつ)にかふ」
※竹取(9C末‐10C初)「殿の内のきぬ、綿、せになどある限りとり出てそへてつかはす」
② 江戸時代、銅、鉄でつくられた貨幣のこと。金(大判・小判など)、銀(丁銀・豆板など)に対する語。
浮世草子・好色五人女(1686)五「蓋ふきあかる程、今極め一歩、銭などは砂のごとくにしてむさし」
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)初「道中なさるおかたには、なくて叶はぬぜにと金」
③ 貨幣の俗称。かね。金銭。おあし。料足。要脚。
※徒然草(1331頃)二一七「銭あれどももちゐざらんは、全く貧者とおなじ」
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「それでも銭(ゼニ)のたち廻るがをつだよ」
④ 紋所の名。銭の形を図案化したもの。永楽銭などが用いられた。青山銭、長谷部銭、四文銭、真田六文銭などがある。
⑤ 特に、真田家の家紋(真田六文銭)をいう。
※雑俳・柳多留‐一三(1778)「銭がなくなって大坂しまい也」

ぜね【銭】

〘名〙 「ぜに(銭)」の変化した語。
※町人嚢(1692)四「一文不通なる故に物いひなどもかたことのみにておかしく、つねに銭(ぜに)をもぜねとのみいひけるを」
※浄瑠璃・加増曾我(1706頃)一「此比もかの君がぜねを十六まいつんだいて」

せん【銭】

〘名〙
① ぜに。かね。貨幣、特に、金属貨幣。
※東大寺諷誦文(796‐830頃)「一銭无き人は〈略〉掌を合せよ」 〔漢書‐楊惲伝〕
② 昔の通貨の単位。一貫の一〇〇〇分の一。文(もん)
※森文書‐永祿一一年(1568)一〇月二日・北条氏康印判状「大鋸弐手、卅日分、御倩被成事 六貫文、作料、一日一人、五十銭つつ、弐貫四十文」
③ 通貨単位。一円の一〇〇分の一、一厘の一〇倍。〔和英語林集成(再版)(1872)〕
④ 秤目で、貫の一〇〇〇分の一。匁(もんめ)
延喜式(927)三七「度嶂散一剤、〈度嶂散〈略〉平旦以温酒、服一銭匕〉」

ちゃん【銭】

〘名〙 (「銭」の唐宋音「ちぇん」の変化した語という) ぜに。金銭。ちゃんころ。〔ロドリゲス日本大文典(1604‐08)〕
※浮世草子・日本永代蔵(1688)五「ちゃんが一文なくて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

銭の関連情報