コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

針子 ハリコ

デジタル大辞泉の解説

はり‐こ【針子】

呉服店などで、裁縫の仕事をする娘。お針子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はりこ【針子】

仕立屋に雇われて衣服などを縫う女性を指す。お針子ともいう。日本では,近世に裁縫を〈お針〉とか〈針仕事〉と呼ぶようになり,江戸時代には大名などの衣服を仕立てる呉服所で,針妙(しんみよう)と呼ばれる裁縫をする女性が働いていた。裁縫技術は,江戸では家庭で身につけるのが一般的であったが,上方では縫物師のところや寺子屋でも習得した。明治になると,1872年(明治5)の学制制定以降,小学校や女学校,裁縫教育を中心とする女子教育機関で習ったり,仕立屋で身につけたりした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はりこ【針子】

お針子

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

針子の関連キーワードロドリゲス(Amalia Rodrigues)マルグリット オードゥーポール エリュアールアマリア ロドリゲスオルガンテクニクスジョウ シュンダイ シージエエリュアールチェン クン縫い子・縫子ミディネットリウ イエオードゥールイーズバラドンヘッベルシャネルボエーム呉服店ビオネ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android