コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釣(り)堀 ツリボリ

2件 の用語解説(釣(り)堀の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つり‐ぼり【釣(り)堀】

天然の池沼や人工の池などに魚を放し、料金を取って釣らせる所。 夏》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

つりぼり【釣堀】

人工的な池をつくったり,孤立した池を利用してヘラブナ,コイなどを放し,有料で釣らせるところ。ヘラブナ釣堀,コイ釣堀などに分かれ,2魚種を一緒に放すことはない。ヘラブナ釣堀は,大正末期に大阪府下のあるヘラブナ養魚池で希望者に有料で釣らせたところ人気を呼び,1930年に本格的な釣堀が出現したという。関東のヘラブナ釣堀は31年秋に開場した東京蒲田の〈釣楽園〉が最初であった。釣堀に近いものにヘラブナの寄せ場がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

釣(り)堀の関連キーワード悪態をつく人工的人造人造湖排水英国が私をつくった私を作った英国十笏園三郎右衛門関直之

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone