コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釣(り)堀 ツリボリ

デジタル大辞泉の解説

つり‐ぼり【釣(り)堀】

天然の池沼や人工の池などに魚を放し、料金を取って釣らせる所。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つりぼり【釣堀】

人工的な池をつくったり,孤立した池を利用してヘラブナ,コイなどを放し,有料で釣らせるところ。ヘラブナ釣堀,コイ釣堀などに分かれ,2魚種を一緒に放すことはない。ヘラブナ釣堀は,大正末期に大阪府下のあるヘラブナ養魚池で希望者に有料で釣らせたところ人気を呼び,1930年に本格的な釣堀が出現したという。関東のヘラブナ釣堀は31年秋に開場した東京蒲田の〈釣楽園〉が最初であった。釣堀に近いものにヘラブナの寄せ場がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

釣(り)堀の関連キーワード館山ファミリーパークレクリエーション農業東丹沢グリーンパーク和歌山マリーナシティ能登ロイヤルホテル城崎マリンワールド久保田 万太郎信貴山のどか村ワンダーランドワールド牧場不破ありさ

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android