コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄衣 じょうえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浄衣
じょうえ

清浄なる衣服,つまり潔斎の服であり,神事仏参のときに用いる。白色無文狩衣 (かりぎぬ) と同じ作りで,布 (麻) でつくるのが常である。ただし上皇のものには生絹を用いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じょう‐い〔ジヤウ‐〕【浄衣】

じょうえ(浄衣)

じょう‐え〔ジヤウ‐〕【浄衣】

《清浄な服の意》
白布または生絹(すずし)で仕立てた狩衣(かりぎぬ)形の衣服。神事・祭祀(さいし)などに着用。
僧が着る白い衣服。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じょうえ【浄衣】

8世紀段階での浄衣は,写経所における経師,校生,装潢(そうこう)等の写経に従事する職員,また仏工・木工等の造仏技術者,その補助的作業を行う自進,仕丁,駈使丁や廝女(かしわでめ),そして奴にいたるまでの階層に支給された衣服をいう。おそらく写経や造仏が宗教的作業と考えられたため,これに関連する仕事を行う者の衣服が,浄衣と称されたものらしい。おおむね盤領(あげくび)の衣(袍(ほう))と袴(はかま),女性の場合は裳(も)の組合せであるが,(あお),汗衫(かざみ),褌,冠,襪や被,前裳,早袖等を含める場合がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じょうい【浄衣】

じょうえ【浄衣】

神事・法会など、宗教的な行事にかかわる人の着ける清浄な衣服。普通、白色・無文で狩衣形。
僧衣。 「頭からげ-着て/平家 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浄衣
じょうえ

(1)清浄な衣服の意で、祭祀(さいし)、法会(ほうえ)などのときに用いられる衣服。
(2)神事のときに着用する上着。白い絹か麻布で製した狩衣(かりぎぬ)形の衣服。この浄衣には括(くく)り袴(ばかま)が用いられ、狩袴と同じ六幅(むの)仕立てか四幅(よの)仕立ての袴が使われた。[高田倭男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

浄衣の関連キーワード狀・丈・上・乗・乘・冗・剩・剰・城・場・壌・壤・嬢・孃・定・帖・常・情・成・擾・攘・杖・条・條・浄・淨・状・畳・疊・盛・穣・縄・繞・繩・蒸・譲・讓・醸・釀・錠・静・饒絡げる・紮げる曾根天満宮秋祭忌まわしい鹿島信仰正倉院裂大和万歳賀茂競馬晴れ着経帷子鹿島踊精進白布祭服明衣平珍犇犇鈴懸肩衣清祓

浄衣の関連情報