コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木梅四郎 すずき うめしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木梅四郎 すずき-うめしろう

1862-1940 明治-昭和時代前期の実業家,政治家。
文久2年4月26日生まれ。明治35年三井銀行から王子製紙にうつり,専務として苫小牧(とまこまい)工場の建設につくす。44年社団法人実費診療所を東京に設立した。45年衆議院議員(当選5回,政友会)。昭和15年4月15日死去。79歳。信濃(しなの)(長野県)出身。慶応義塾卒。号は呑天。著作に「医業国営論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すずきうめしろう【鈴木梅四郎】

1862‐1940(文久2‐昭和15)
政治家実業家。信濃国上水内郡に生まれる。慶応義塾に学んだのち,1884年時事新報社に入り,88年横浜貿易新報社社長を経て三井銀行に入社し,横浜・神戸支店長を歴任。1902年王子製紙専務取締役となり,北海道苫小牧工場の建設に尽力,病を得て退職した。在任8年間に地方工場付属医療施設を地元住民に開放した経験から,実費診療でも経営が成り立ち,下層・中等階級の没落を防ぐ医療を目指した社団法人実費診療所を,医師加藤時次郎と協力して11年東京京橋に設立したのを手始めに,医療の社会化運動の先駆的役割を担い,晩成社を興して育英事業にも尽くした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

鈴木梅四郎の関連キーワード大庭秀雄清水宏ファッション・ブックアフリカン・アメリカン音楽エリセ斎藤寅次郎島津保次郎新体制運動豊田四郎久松静児

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android