コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木清 すずき きよし

美術人名辞典の解説

鈴木清

陶芸家。日本工芸会正会員。昭和39年(1964)歿、61才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

鈴木清

没年:大正4.3.21(1915)
生年:嘉永1.4.29(1848.5.31)
明治大正期のキリスト者実業家。摂津国三田藩(兵庫県)の家臣の家に生まれる。明治維新後,神戸で書店の経営に失敗し,アメリカン・ボード宣教師J.D.デーヴィスによる伝道に感銘,明治7(1874)年に同じくアメリカン・ボード宣教師D.C.グリーンから洗礼を受け,摂津第一基督公会(神戸教会)の最初の会員となる。同13年,キリスト教主義の北海道開拓団赤心社を設立し,初代社長となる。牛肉缶詰業に成功し,製品を内外諸博覧会に出品し多くの受賞。神戸区議会議長,神戸商工会議所議員。キリスト教精神と愛国心に基づき,開拓事業に従事した人物。<著作>『北行日記』<参考文献>工藤英一『日本キリスト教社会経済史研究』,日本基督教団神戸教会編『近代日本と神戸教会』

(原島正)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鈴木清
すずききよし
(1943―2000)

写真家。福島県に生まれる。地元の高校の夜間部へ通いつつ印刷所に勤務。その後、漫画家を志望して上京。土門拳の写真集『筑豊のこどもたち』(1960)に触発され、東京綜合写真専門学校夜間部へ入学。1969年(昭和44)同校を卒業。学生時代の作品を『カメラ毎日』誌の編集者山岸章二(1928―79)に認められ、69年8月号から翌年2月号までの同誌にいわきをはじめとする全国各地の炭鉱町を撮影した「シリーズ・炭鉱の町」を連載。以後、看板描きを職業としながら、フリーランスで写真活動を展開。
 炭鉱町の日常をとらえた作品群に、旅回りの大衆演劇一座に随行した折や、返還前の沖縄を訪ねた折のスナップショットなどを加え、72年に写真集『流れの歌』をまとめる。76年インドの宗教的な精神世界を主題とした写真集『ブラーマンの光』刊行。82年サーカス芸人の世界をとらえたシリーズと、ある路上生活者を主人公に数年にわたり撮影を続けてきたシリーズで構成された写真集『天幕の街』を刊行し、日本写真協会新人賞受賞。同年『日本カメラ』誌に1年間にわたり、文学作品からの引用テキストと自らが撮影した写真をコラージュした「gypsy wind・私の十二冊」を連載。84年から翌年にかけて、昭和初期の画家長谷川利行の足跡を追いかけた「荼毘(だび)の赤」シリーズを撮影。また80年代後半のバブル経済期に東京の路上や公園でさまざまな人間たちの表情をカラー撮影した写真をまとめ、91年(平成3)写真集『愚者の船』刊行。
 90年以降、詩人金子光晴がかつて放浪した足跡をたどってジャカルタ、マニラ、台北といった東南アジアの諸都市の光景を撮り歩き、それらの旅の写真から92年に写真集『天地戯場』を編む。同年個展「母の溟(なみだ)」(ニコンサロン、東京)で伊奈信男賞受賞。94年自分自身の起源を探る試みとして、故郷いわきの地や、父母がかつて生きた岩手や栃木の炭鉱町などで撮影した写真、および『流れの歌』に収めた写真からの引用などを交え、奔放なレイアウトで構成した写真集『修羅の圏』刊行、土門拳賞を受賞。98年フランスの小説家マルグリット・デュラスの作品に導かれ、ベトナムのメコン川下流地域、インドのカルカッタ(現コルカタ)、ラオスのサバナケットで撮影を重ねたシリーズをまとめた写真集『デュラスの領土』刊行。99年個展「ISLAND SOUL――至福の島『ニューヨークへの旅』より」(ニコンサロン、東京)を開催。[大日方欣一]
『『流れの歌』(1972・私家版) ▽『ブラーマンの光』(1976・Sansara Books) ▽『天幕の街』(1982・遊幻舎) ▽『夢の走り 1982―1987 鈴木清写真集』(1988・Ocean Books) ▽『愚者の船 東京・昭和61―63年』(1991・アイピーシー) ▽『天地戯場』(1992・タマン・サリブックス) ▽『修羅の圏 自伝』(1994・でく・ぶっくす) ▽『デュラスの領土』(1998・G・サーガルブックス)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鈴木清の関連キーワード13号待避線より その護送車を狙え探偵事務所23 くたばれ悪党どもZigeunerweisen悪太郎伝 悪い星の下でも港の乾杯勝利をわが手に俺たちの血が許さないロックンロールミシンハイティーンやくざ海峡、血に染めてすべてが狂ってるカポネ大いに泣くオペレッタ狸御殿百万弗を叩き出せ桂文団治(初代)踏みはずした春俺に賭けた奴らけんかえれじいピストルオペラ峠を渡る若い風内田百【けん】

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鈴木清の関連情報