コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川利行 はせがわ としゆき

8件 の用語解説(長谷川利行の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

長谷川利行

洋画家。京都生。和歌山県耐久中学校を中退して上京し、小説・歌集を発表する傍ら、絵画制作に力を注ぐ。新光洋画展・帝展・二科展で入選、二科展樗牛賞、1930年協会展協会賞受賞。強い色彩を駆使したフォーヴィズム的画風を示し、下町風景や肖像画を能くした。歌集に『大火の岸に距りて歌へる』等がある。晩年は放浪生活を送り、昭和15年(1940)歿、50才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はせがわ‐としゆき〔はせがは‐〕【長谷川利行】

[1891~1940]洋画家。京都の生まれ。フォービスム風の筆致と色調による独自の詩情で知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

長谷川利行【はせがわとしゆき】

洋画家。京都府山科生れ。1921年上京。おもに二科展(二科会)に出品し,1927年《瓦斯会社》《地下鉄道》などで樗牛賞,1929年には1930年協会展で《靉光像》などが受賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷川利行 はせがわ-としゆき

1891-1940 大正-昭和時代前期の洋画家。
明治24年7月9日生まれ。大正10年上京し画家をめざす。昭和2年二科展出品の「麦酒室」などで樗牛(ちょぎゅう)賞,4年には一九三○年協会展で「地下鉄道」などが協会賞を受賞した。放浪生活のすえ,昭和15年10月12日死去。50歳。京都出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

はせがわとしゆき【長谷川利行】

1891‐1940(明治24‐昭和15)
洋画家。京都府の出身。はやくから文学に親しみ,1919年には歌集《木葦集》を出版。21年上京し,大衆小説を書きながら画作に没頭。度重なる落選の後,帝展,二科展に入選。27年二科展出品の《麦酒室》などで樗牛賞を,29年には,1930年協会賞を受賞した。生活は,放蕩,無頼をきわめたが,その激しく大胆な色調と筆触とによって,日本的フォービスムを代表する一人といえる。【山口 泰弘】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はせがわとしゆき【長谷川利行】

1891~1940) 洋画家。京都生まれ。上京してフォービスム風の奔放な独自の画境で下町風景を描いた。詩もよくした。代表作「新宿風景」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長谷川利行
はせがわとしゆき

[生]1891.7.9. 京都,山科
[没]1940.10.12. 東京
洋画家。 1919年歌集『木葦集』を出版するなど,中学時代から小説,詩,短歌に親しんだ。 21年上京して絵画制作に没頭し,二科展,一九三〇年協会展などに出品,27年第 14回二科展で樗牛賞を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長谷川利行
はせがわとしゆき
(1891―1940)

洋画家。明治24年7月9日京都山科(やましな)に生まれる。和歌山県の耐久(たいきゅう)中学校時代から詩、小説、短歌をつくり、同校を中退ののち、歌集『木葦(もくい)集』を京都で自費出版する。1921年(大正10)上京して大衆小説を書きながら画作し、23年関東大震災にあい、歌誌『火岸』を出版、同年の第1回新光洋画展に『田端(たばた)変電所』が入選する。京都で画業に励み、26年再度上京して帝展、二科展に出品。翌年の二科展で『麦酒室(ビールしつ)』ほかにより樗牛(ちょぎゅう)賞を受け、以後毎年出品する。28年(昭和3)一九三〇年協会展に『地下鉄道』ほかを出品、協会賞を受ける。32年ごろから浅草、三河島、荒川放水路あたりを放浪。昭和10年代初めは新宿の天城(あまぎ)画廊で数多く個展を開く。37年夏、矢野文夫と大島に遊び、二科展を去り、第1回一水会展に『ノア・ノア』ほかを出品。フォーブ的作風から詩的ビジョンの表現へと進んだが、昭和15年10月12日、東京市養育院板橋本院で窮民として胃癌(いがん)で死去した。[小倉忠夫]
『長谷川利行画集刊行会編・刊『長谷川利行画集』(1963) ▽矢野文夫編『長谷川利行全文集』(1981・五月書房) ▽矢野文夫著『長谷川利行』(1974・美術出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長谷川利行の関連キーワード役方翻訳方逸早くはやくねてよ世田谷文学館京都府長岡京市奥海印寺林ケ谷京都府久世郡京都府京都市伏見区日野林京都府京都市西京区山田林小山三造

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長谷川利行の関連情報