コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄拐山 てっかいやま

3件 の用語解説(鉄拐山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉄拐山
てっかいやま

兵庫県神戸市須磨区の山手にある山。標高 236m。六甲山地の西端が明石海峡に水没するところにあり,山腹の急斜面源平合戦鵯越 (ひよどりごえ) の逆落しで有名。山麓の「勢ぞろいの松」の地名はその名残りといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉄拐山
てっかいざん

神戸市西部、須磨(すま)区と垂水(たるみ)区の境界にある六甲(ろっこう)山地の山。標高234メートル。花崗(かこう)岩からなり、南西に位置する鉢伏(はちぶせ)山とともに急傾斜面をなして須磨浦に臨む。南斜面の侵食谷の一つ一ノ谷(いちのたに)は、1183年(寿永2)源義経(よしつね)がこの谷に陣取っていた平家軍を奇襲した地。源平の合戦「鵯越(ひよどりごえ)の坂落し」として知られる。JR山陽本線須磨駅の西方約1キロメートルにある。[藤岡ひろ子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鉄拐山の関連情報