鉄骨鉄筋コンクリート造建築(読み)てっこつてっきんコンクリートぞうけんちく

世界大百科事典 第2版の解説

てっこつてっきんコンクリートぞうけんちく【鉄骨鉄筋コンクリート造建築】

鉄骨の骨組みを鉄筋コンクリートで包んだ構造を鉄骨鉄筋コンクリート造steel framed reinforced concrete constructionと呼び,これによる建築を鉄骨鉄筋コンクリート造建築またはSRC造建築という。これには2種類あって,鉄骨の骨組みだけで荷重を支え,鉄筋コンクリートは単なる被覆である場合と,鉄骨,鉄筋,コンクリートの3者が一体となって荷重を支える場合とがある。後者はとくに,地震国日本で独自の発達をした構法で,日本で鉄骨鉄筋コンクリート造建築というときは,ふつうこれを指す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android