内田祥三(読み)うちだよしかず

  • 内田祥三 うちだ-よしかず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1885.2.23. 東京
[没]1972.12.14. 東京
建築家,建築構造学者。東京帝国大学建築学科卒業 (1907) 。三菱合資会社 (現三菱地所) に一時勤めるが,1910年に大学に戻り,師佐野利器を継いで建築構造学の体系化につとめ,のち教授 (21~43) ,総長 (43~45) ,名誉教授を歴任。関東大震災後安田講堂をはじめ東京帝国大学の諸建物の再建の設計を行なった。日本の建築構造学の父とされる。研究分野は家屋防火,建築法規都市計画に及び,諸分野の基礎づくりにも貢献建築家としては所沢飛行船格納庫 (12) ,上海自然科学研究所 (30) ,旧一高本館 (33) などの設計がある。 57年日本学士院会員,72年文化勲章受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

建築学者。東京生れ。1907年東京帝国大学工科大学建築学科卒業,1921年同教授。建築構造学の基礎を築くともに,都市計画火災耐火建築研究を推進した。1943−1945年東大総長。1939年日本建築学会会長,1951年文化財保護委員会委員長,また火災学会および都市計画学会の初代会長も務めた。建築作品は所沢飛行船格納庫(1912),安田講堂(1925)など。1972年文化勲章受章。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1885-1972 大正-昭和時代の建築学者。
明治18年2月23日生まれ。大正10年東京帝大教授,昭和18年総長。日本の鉄筋コンクリート・鉄骨構造学の基礎をきずく。関東大震災後の東京帝大キャンパス復興計画を担当。都市計画,耐火建築,文化財保護など幅ひろく研究し,その研究の組織化にもつとめた。47年文化勲章。昭和47年12月14日死去。87歳。東京出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

1885‐1972(明治18‐昭和47)
建築学者。東京に生まれる。1907年東京帝国大学工科大学建築学科卒業,21年同教授。日本における鉄筋コンクリート構造学の基礎を築き,同時に建築防災・法規,都市計画等の学問領域を広く開拓した。43‐45年に東大総長,学徒出陣戦後の対米折衝等に大学を代表して当たった。建築作品は所沢飛行船格納庫(1912)のほか,岸田日出刀共同設計した安田講堂(1925)など。東京大学キャンパス計画も彼の手になる。72年文化勲章受章。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

1885~1972 建築家。建築学者。東京生まれ。安田講堂をはじめとする震災後の東京大学復興計画を担当。鉄筋コンクリートなどの建築構造学から都市計画学にまで及ぶ幅広い研究で建築学諸分野の基礎を築いた。東大総長。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

建築学者。工博。東京都出身。東京帝国大学卒。東京帝国大学教授、総長。関東大震災後の東京の建物を設計。学士院会員。明治一八~昭和四七年(一八八五‐一九七二

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の内田祥三の言及

【超高層建築】より


【日本の超高層建築】
 地震国である日本にとって,超高層建築が成立するためには,地震に対して建物が安全であるための理論的研究が必要であった。1900年代の初め,佐野利器,内田祥三,内藤多仲らによって始められた鉄骨鉄筋コンクリートの骨組みに,鉄筋コンクリートの耐震壁を配置するという耐震構造の研究は,1923年の関東大震災によって初めてその有効性が実証された。翌24年には,市街地建築物法の改正が行われ,地震時に建物に加わる地震力としての水平震度の規定が初めて設けられた。…

【鉄骨鉄筋コンクリート造建築】より

…この場合でも,鉄筋と鉄骨の比率はいろいろあり,鉄筋コンクリートを鉄骨の座屈止め程度に用いる前者に近いものから,鉄骨断面が小さく鉄筋コンクリート造建築に近いものまである。
[歴史]
 1912年アメリカのW.H.バーは鉄骨鉄筋コンクリート造に関する論文を書いているが,建築物への最初の利用は内田祥三により13年設計された旧東京海上ビルである。また,内藤多仲が耐震壁を適所に配置し,彼独自の耐震理論で設計した鉄骨鉄筋コンクリート造の旧日本興業銀行本店が23年に完成している。…

※「内田祥三」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android