コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銭荒 せんこう qian-huang; ch`ien-huang

2件 の用語解説(銭荒の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銭荒
せんこう
qian-huang; ch`ien-huang

中国,宋代の銅銭不足の現象を意味する語。その原因は,両税法以後の諸税法が銭納を原則とする方向をとり,銭に対する財政需要が増大したこと,商品流通経済の発達に伴い,地域的にも階層的にも銭の使用が普及したこと,海外貿易の発達により銭の国外への流出がおびただしかったことなどで,基本的には当時の産銅額が銅銭の需要に対し頭打ちの傾向にあったことである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銭荒
せんこう

中国で鋳貨の供給不足の現象をいう。とくに北宋(ほくそう)、南宋では銭荒が政治議論にもなった。中国では古来、銅銭が主要通貨(制銭)であり、政府は十分な供給を期するため、鋳造を独占して統制した。唐のなかばに国内、海外商業がおこったころ、天宝(てんぽう)年間(742~755)で歳額23万貫弱を鋳造したが、宋代には広東(カントン)、湖南、江西の銅鉱を開いて良質の銅銭を鋳造し、歳額300万~500万貫を供給し、史上最高を記録した。しかし経済の発達で小額貨幣への需要が急増し、加えて軍隊の補給や拡大した東アジアの国際貿易で、信用の高い宋銭への需要が伸び、当時の鋳造技術では供給が追い付かず、慢性の銭荒に陥り、代替として普及し始めた銀や紙幣の流行は、銅銭の鋳潰(つぶ)しや密輸を促す結果となった。[斯波義信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

銭荒の関連キーワード海況飛銭理学インビボ古銅量子素子V・ファーレン長崎in vitro(インビトロ)自然乾燥中国・宋代の禅の公案集

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone