コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍋井克之 なべい かつゆき

3件 の用語解説(鍋井克之の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

鍋井克之

洋画家。大阪生。旧姓は田丸。東美校卒。白馬会洋画研究所で長原孝太郎に師事する。二科会の創立以来出品を続け、第二回展で二科賞を受ける。渡欧後二科会会員となる。のち大阪で小出楢重黒田重太郎らと共に信濃橋洋画研究所を設立、後進の指導に当る。二紀会創立会員。芸術院賞・大阪市民文化賞受賞。浪速芸術大学教授。昭和44年(1969)歿、80才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鍋井克之 なべい-かつゆき

1888-1969 大正-昭和時代の洋画家。
明治21年8月18日生まれ。大正4年「秋の連山」で二科賞。フランスなどに留学後,12年二科会会員となり,13年小出楢重(ならしげ)らと大阪に信濃橋洋画研究所を設立。昭和22年第二紀会の結成にくわわる。25年「朝の勝浦港」などで芸術院賞。39年浪速(なにわ)芸大教授。昭和44年1月11日死去。80歳。大阪出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。旧姓は田丸。作品はほかに「熊野詣(くまのもうで)絵巻」(壁画)など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鍋井克之
なべいかつゆき
(1888―1969)

洋画家。大阪市生まれ。1915年(大正4)東京美術学校西洋画科を卒業し、同年二科展出品の『秋の連山』で二科賞を受ける。22~23年フランス、イタリアへ留学。帰国の年二科会員となり、翌年大阪に同志と信濃橋(しなのばし)洋画研究所を創設する。46年(昭和21)二紀会の結成に参加。49年度の日本芸術院賞を受賞し、58年には大阪市民文化賞となにわ賞を受けた。強烈な色彩と動勢のフォーブ的な風景画で知られ、代表作に『朝の勝浦港』(1949)ほかがある。著書『大阪繁盛記』ほか。[小倉忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鍋井克之の言及

【明治・大正時代美術】より

…また坂本繁二郎は,東洋的な,浪漫的な心情を,光と影の色面に表現する独自の絵画世界をつくりだした。このほか二科会は,熊谷守一(もりかず)(1880‐1977),正宗得三郎(1883‐1962),中川紀元(きげん)(1892‐1972),鍋井克之(1888‐1969),小出楢重,国枝金三(1886‐1943),黒田重太郎(1887‐1970),林倭衛(しずえ)(1895‐1945),硲(はざま)伊之助(1895‐1977),関根正二,古賀春江,東郷青児(1897‐1978)ら,大正・昭和期の洋画界をリードする数多くの新人を世に出している。 二科会結成と同じ年,前年世を去った岡倉天心の一周忌を期して,日本画の横山大観,下村観山,木村武山(1876‐1942),安田靫彦,今村紫紅に洋画の小杉放庵を加えて,開店休業状態になっていた日本美術院が,洋画部も新たに設けて再興されている。…

※「鍋井克之」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鍋井克之の関連キーワード小林和作黒田重太郎太田三郎清宮彬油谷達有馬三斗枝太田三郎(2)鶴田吾郎不破章森脇忠

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鍋井克之の関連情報