鍬下年季/鍬下年期(読み)クワシタネンキ

デジタル大辞泉の解説

くわした‐ねんき〔くはした‐〕【×鍬下年季/×鍬下年期】

江戸時代、開墾中の土地に一定の期間、租税を免除したり軽減したりしたこと。
明治の地租改正後、原地価または国が定めた地価に基づいて地租を徴収する一定の期間のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鍬下年季【くわしたねんき】

江戸時代,新田開発の地に対して一定の期間,年貢・諸役を免じることをいう。新田開発の奨励策という性格をもつこうした慣行は,すでに1551年武蔵国足立郡の北条氏領内でみられるが,この間領主は検地を行わず,開発者の作り取りとなる。この年季は幕府領では3年・5年・7年などさまざまで,大名領内では10年,20年に及ぶ場合もあった。年季が明けると検地が施行され,石高を付され,年貢が定められた。
→関連項目新田

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くわしたねんき【鍬下年季】

江戸時代の年貢用語。新田畑を開発し,耕地化する期間を鍬下といい,開発から一定期間年貢諸役を免除することを鍬下年季という。古くは戦国時代に〈10年荒野とすべし〉としてこの期間年貢諸役を免除しているが,江戸時代から鍬下年季といわれるようになった。年季は3年,5年,7年等々領主によってさまざまである。年季明けに検地を実施して石高を定め,年貢対象地となる。【神崎 彰利】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くわしたねんき【鍬下年季】

江戸時代、新しい田地の開墾当初から村高に登録されるまでの期間。普通、3~5年。この期間は年貢が大幅に減免された。
1884年(明治17)の地租条例で、開墾後、地目変更までの一定期間。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鍬下年季
くわしたねんき

江戸時代、新田開発奨励のため、その土地に課せられる租税を一定期間、免除または軽減すること、またはその期間をいう。鍬下とはその土地がまだ開墾中であることを意味することばである。年季が明けると検地が行われ、正式に村高に繰り入れられた。[吉永 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android