コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍬下年季/鍬下年期 クワシタネンキ

5件 の用語解説(鍬下年季/鍬下年期の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くわした‐ねんき〔くはした‐〕【×鍬下年季/×鍬下年期】

江戸時代、開墾中の土地に一定の期間、租税を免除したり軽減したりしたこと。
明治の地租改正後、原地価または国が定めた地価に基づいて地租を徴収する一定の期間のこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鍬下年季【くわしたねんき】

江戸時代,新田開発の地に対して一定の期間,年貢・諸役を免じることをいう。新田開発の奨励策という性格をもつこうした慣行は,すでに1551年武蔵国足立郡の北条氏領内でみられるが,この間領主は検地を行わず,開発者の作り取りとなる。
→関連項目新田

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

くわしたねんき【鍬下年季】

江戸時代の年貢用語。新田畑を開発し,耕地化する期間を鍬下といい,開発から一定期間年貢諸役を免除することを鍬下年季という。古くは戦国時代に〈10年荒野とすべし〉としてこの期間年貢諸役を免除しているが,江戸時代から鍬下年季といわれるようになった。年季は3年,5年,7年等々領主によってさまざまである。年季明けに検地を実施して石高を定め,年貢対象地となる。【神崎 彰利】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くわしたねんき【鍬下年季】

江戸時代、新しい田地の開墾当初から村高に登録されるまでの期間。普通、3~5年。この期間は年貢が大幅に減免された。
1884年(明治17)の地租条例で、開墾後、地目変更までの一定期間。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鍬下年季
くわしたねんき

江戸時代、新田開発奨励のため、その土地に課せられる租税を一定期間、免除または軽減すること、またはその期間をいう。鍬下とはその土地がまだ開墾中であることを意味することばである。年季が明けると検地が行われ、正式に村高に繰り入れられた。[吉永 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鍬下年季/鍬下年期の関連キーワード新田代官見立新田町人請負新田物成川欠引作り取り見立新田村請新田総作本田・本畑

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone