(読み)カン

デジタル大辞泉の解説

かん【鑑】

古代中国の青銅器の一。春秋時代に盛行した。深鉢状をした大型のたらい一種で、一対ないし二対の耳(じ)(取っ手)がつく。沐浴(もくよく)などに使用。

かん【鑑】[漢字項目]

常用漢字] [音]カン(呉)(漢) [訓]かんがみる かがみ
反省の資となる前例や手本。「殷鑑(いんかん)亀鑑(きかん)
資料を並べて手本とする書物。「図鑑大鑑年鑑武鑑宝鑑名鑑
よしあしを見分ける。よく点検する。「鑑査鑑識鑑賞鑑定鑑別清鑑
身分・資格などを見分ける証拠。「鑑札印鑑門鑑
[補説]「鑒」は異体字。
[名のり]あき・あきら・かた・かね・しげ・のり・み・みる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鑑の関連情報