コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 カン

2件 の用語解説(鑑の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かん【鑑】

古代中国の青銅器の一。春秋時代に盛行した。深鉢状をした大型のたらいの一種で、一対ないし二対の耳(じ)(取っ手)がつく。沐浴(もくよく)などに使用。

かん【鑑】[漢字項目]

常用漢字] [音]カン(呉)(漢) [訓]かんがみる かがみ
反省の資となる前例や手本。「殷鑑(いんかん)亀鑑(きかん)
資料を並べて手本とする書物。「図鑑大鑑年鑑武鑑宝鑑名鑑
よしあしを見分ける。よく点検する。「鑑査鑑識鑑賞鑑定鑑別清鑑
身分・資格などを見分ける証拠。「鑑札印鑑門鑑
[補説]「鑒」は異体字。
[名のり]あき・あきら・かた・かね・しげ・のり・み・みる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鑑の関連キーワード

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鑑の関連情報