コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カン

デジタル大辞泉の解説

かん【鑑】

古代中国の青銅器の一。春秋時代に盛行した。深鉢状をした大型のたらい一種で、一対ないし二対の耳(じ)(取っ手)がつく。沐浴(もくよく)などに使用。

かん【鑑】[漢字項目]

常用漢字] [音]カン(呉)(漢) [訓]かんがみる かがみ
反省の資となる前例や手本。「殷鑑(いんかん)亀鑑(きかん)
資料を並べて手本とする書物。「図鑑大鑑年鑑武鑑宝鑑名鑑
よしあしを見分ける。よく点検する。「鑑査鑑識鑑賞鑑定鑑別清鑑
身分・資格などを見分ける証拠。「鑑札印鑑門鑑
[補説]「鑒」は異体字。
[名のり]あき・あきら・かた・かね・しげ・のり・み・みる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

鑑の関連キーワード寺子屋(菅原伝授手習鑑)道明寺(菅原伝授手習鑑)口に蜜あり,腹に剣あり高知県室戸市羽根町乙熊本県八代市鏡町鏡テイスティング水も溜まらず一万田弾正忠桃李門に満つ禅鑑(2)日鑑(2)戸次道雪立花鑑連安倍保名柳営秘鑑立て分け鏡山公園雁字搦み通鑑綱目ててくる

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鑑の関連情報