コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長和町 ながわ

1件 の用語解説(長和町の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長和〔町〕
ながわ

長野県中部,千曲川の支流依田川の中・上流域を占める町。東に蓼科高原,西に美ヶ原,南に霧ヶ峰高原があり,周囲を山に囲まれた高地に位置する。 2005年長門町と和田村が合体。北東部の長久保,中部の和田は近世中山道の宿場町。いまも当時の面影を残し,和田峠から男女倉口までの約 5kmは国の史跡に指定される。町域の大部分が山林原野で,エノキダケやシメジなどキノコの栽培が盛ん。高原では野菜や果樹の栽培,酪農が行なわれる。霧ヶ峰高原の北部では良質の黒曜石が産出され,星糞峠黒曜石原産地遺跡は国の史跡に指定。町域の一部は八ヶ岳中信高原国定公園に属する。国道 142号線,152号線,254号線,および美ヶ原霧ヶ峰を結ぶビーナスラインが通る。面積 183.86km2。人口 6166(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長和町の関連情報