コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関ヶ原始末記 せきがはらしまつき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関ヶ原始末記
せきがはらしまつき

酒井忠勝の見聞と故老の所伝を集めて記した,関ヶ原の戦いを中心とした軍記。2巻。林羅山著。明暦2 (1656) 年成立。『改定史籍集覧』所収。『浮田秀家先祖書』の別称にもこの名がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関ヶ原始末記
せきがはらしまつき

覚え書き。上下2巻。1598年(慶長3)8月、豊臣(とよとみ)秀吉の死による朝鮮からの撤兵の指揮に筆をおこし、1601年(慶長6)10月に伏見(ふしみ)から江戸に帰城するまでの徳川家康の動静を、関ヶ原の戦いを中心に日付を追って記す。前小浜(おばま)城主酒井忠勝(ただかつ)(1588―1663)が、自己の見聞を1656年(明暦2)に儒者の林羅山(らざん)(道春(どうしゅん))・鵞峰(がほう)(春斎(しゅんさい))父子に依頼して文章化したもの。『新訂増補史籍集覧』22所収。[高木昭作]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone