コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関ヶ原始末記 せきがはらしまつき

2件 の用語解説(関ヶ原始末記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関ヶ原始末記
せきがはらしまつき

酒井忠勝の見聞と故老の所伝を集めて記した,関ヶ原の戦いを中心とした軍記。2巻。林羅山著。明暦2 (1656) 年成立。『改定史籍集覧』所収。『浮田秀家先祖書』の別称にもこの名がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関ヶ原始末記
せきがはらしまつき

覚え書き。上下2巻。1598年(慶長3)8月、豊臣(とよとみ)秀吉の死による朝鮮からの撤兵の指揮に筆をおこし、1601年(慶長6)10月に伏見(ふしみ)から江戸に帰城するまでの徳川家康の動静を、関ヶ原の戦いを中心に日付を追って記す。前小浜(おばま)城主酒井忠勝(ただかつ)(1588―1663)が、自己の見聞を1656年(明暦2)に儒者の林羅山(らざん)(道春(どうしゅん))・鵞峰(がほう)(春斎(しゅんさい))父子に依頼して文章化したもの。『新訂増補史籍集覧』22所収。[高木昭作]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関ヶ原始末記の関連キーワード酒井叢誌酒井忠一酒井忠勝(1)酒井忠恒(1)酒井忠朝酒井忠直酒井忠礼酒井忠与酒井忠和

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone