コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

闇サイト殺人事件

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

闇サイト殺人事件

名古屋市千種区の路上で2007年8月、帰宅途中の会社員磯谷利恵さん(当時31)が男3人に拉致、殺害され、遺体は岐阜県瑞浪市の山林に捨てられた。3人はインターネットサイト上の「闇の職業安定所」を通じて知り合い、犯行に及んだことから、犯罪請負などの情報があふれる「闇サイト」が社会問題となった。名古屋地裁は09年3月、神田司(44)、堀慶末(40)の両被告に死刑、自首した川岸健治被告(48)に無期懲役の判決を言い渡した。3人は判決を不服として控訴したが、神田被告は同年4月に控訴を取り下げたため死刑が確定。残り2人は12年までに無期懲役が確定した。堀被告は、別の男らと愛知県碧南市の夫婦を殺害したとして、12年8月に強盗殺人罪で起訴されている。

(2015-06-26 朝日新聞 朝刊 1社会)

闇サイト殺人事件

2007年8月24日夜、名古屋市の路上で男3人が磯谷利恵さんを拉致。翌25日に殺害、遺棄した。3人はインターネットサイト「闇の職業安定所」を通じて知り合い、犯行に及んだことから「闇サイト殺人事件」と呼ばれる。3人のうち、1人が死刑(15年執行)、堀慶末被告(42)ら2人は無期懲役が確定した。 堀被告は無期確定直後の12年8月、愛知県碧南市の住宅で会社員夫妻が殺害され、現金などが奪われた1998年の「碧南事件」にも関与した疑いが浮上。別の共犯の男2人とともに強盗殺人容疑で逮捕された。一審・名古屋地裁は堀被告に死刑を言い渡し、同高裁も一審を支持。堀被告は上告している。

(2017-08-22 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

知恵蔵の解説

闇サイト殺人事件

2007年に愛知県名古屋市内で起きた強盗殺人事件。犯罪者を募集する携帯電話のサイトで知り合った犯人3人が、通りがかりの女性を襲撃したことから、闇サイト殺人事件と通称される。この事件で無期懲役となって収監されていた犯人の1人は、この事件前にも、愛知県碧南市でのパチンコ店長夫婦殺害事件や名古屋市での強盗殺人未遂事件を仕事仲間らと共謀して繰り返していた主犯であることが発覚し、15年12月に地裁の裁判員裁判で死刑が言い渡された。
犯人たちは、「闇の職業安定所」と称する、携帯電話の犯罪者募集サイトで出会った。きっかけは川岸健治が闇サイトに投稿したことで、これに応じた前科のある神田司、碧南市の強盗殺人事件の主犯であった堀慶末及びY.Hの4人で犯罪グループを結成し、次々と悪事を企んでいた。このうちY.Hは、犯行前日に同グループが事務所荒らしに失敗し、逃亡する際に置き去りにされ、ほとんど無一文で途方に暮れ、犯行をエスカレートさせる他3人に恐れをなして、本件発生の前に警察に自首していた。しかしながら、犯人グループは互いの面識がほとんどなく、警察は彼らを捕捉する有効な手立てを打てなかった。
事件当日の8月24日、通行人を襲撃し金品を奪おうと3人が徘徊していたところ、帰宅途中の被害者がたまたま午後10時頃に付近を通りかかった。被害者は、名古屋市在住で当時31歳の派遣社員の女性。グループは被害者を車に引きずり込んで岐阜県の山中に連れ去り、脅してキャッシュカードの暗証番号を聞き出した。更に、被害者に顔を見られていたことから、頭部をハンマーで数十回も執拗に殴打し、命乞いをする被害者を尻目に、ビニールひもで絞殺した。
番号が違っていたため預金を引き出せなかったことから、夜にも再度犯行計画を話し合うとして未明には解散。午後になって、量刑の軽減を目論んだ川岸が警察に出頭し罪を告白し、残る2人も逮捕された。犯行グループの処罰について永山基準との比較などが議論されたが、残虐な手口に対し極刑を求める世論が沸き上がった。法廷では、3人が互いに主犯は相手だとののしり合うなどしたが、判決は神田と堀に死刑が言い渡された。川岸は首謀者ながらも「死刑になりたくない」ことを事由に自首したことから罪一等が軽減され無期懲役とされた。川岸は公判中、殊勝なそぶりを見せていたが、極刑を免れるや否や「被害者は運が悪かった。ばれなきゃいい。生かしてもらえてよかった」などと放言した。神田は一旦控訴したが、これを取り下げ、15年6月に死刑が執行された。控訴審は川岸と堀について行われ、両名に無期懲役が言い渡された。上告審は堀だけで争われ、当時は碧南市の強盗殺人などが発覚していなかったこともあり、無期懲役が確定した。
携帯電話のサイトに始まる特異な犯罪グループであることや、何の落ち度もない女性に無差別に牙をむく、さして若くもない男たちの余りにも無軌道な犯罪、悔いている様子も見せない心性などが、度し難い犯罪として社会を震撼(しんかん)させた。また、犯人はそろって無職や不安定な職にあり、著しい貧困から「闇の職業安定所」を利用するという捨て鉢な行動に走ったのではないかとも評されている。彼らの犯罪は容認することは全くできないが、将来に何らの展望を持ちえない陰惨な状況が、犯行の背景に存在したことにも真摯(しんし)に目を向けるべきであるとする識者もいる。

(金谷俊秀 ライター/2016年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

闇サイト殺人事件の関連キーワード闇サイト殺人事件と愛知県碧南市の夫婦殺害事件

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

闇サイト殺人事件の関連情報