コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

闘鶏 とうけい

大辞林 第三版の解説

とうけい【闘鶏】

鶏を戦わせて勝負を争う遊び。とり合わせ。 [季] 春。
を戦わせるための鶏。多くシャモが選ばれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

とう‐けい【闘鶏】

鶏を戦わせて勝負を争うこと。また、その鶏合わせ。奈良時代に唐から伝わり、陰暦3月3日の宮廷行事にもなった。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

闘鶏【とうけい】

雄鶏をわせる競技。古代中国,インド,ペルシアギリシアローマで流行,賭博(とばく)の対象として世界各地で行われるようになった。賭(かけ)の弊害が多くなったため,英国(1849年)はじめ法律で禁止する国が増加。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうけい【闘鶏】

鶏が本能的にもつ闘争心を利用して闘わせる競戯。野鶏が最初に馴化され家鶏とされたのは東南アジアのマレー半島であろうとする説が有力である。黎明を告げる鳥としての宗教的な意義,および闘鶏という娯楽的意義が重視され,肉の利用はむしろ後代にいたってからであるらしい。その後,陸・海路を経て鶏,そして闘鶏は世界各地に伝えられた。インド,古代ペルシアからギリシアでも盛んで,サラミスの海戦(前480)を前に,ペルシア軍と闘うギリシアの名将テミストクレスが自分の軍隊に闘鶏を見せ,士気を鼓舞したという話は有名である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

闘鶏
とうけい
cockfighting

雄鶏をたたかわせる競技。起源は古く,古代中国,インド,ペルシア,ギリシア,ローマなどですでに流行しており,それらが世界各地に伝わって賭博の対象として広く行われるようになった。ことにイギリスではヘンリー8世の時代 (1509~47) に王室の闘鶏場が設けられたほどで,競馬などにさきがけてギャンブルスポーツとして人気を博した。日本でも「鶏合 (とりあわせ) 」という呼称で上代から行われ,ことに平安時代には宮廷貴族から庶民の間にまで広く流行し,宮廷では年中行事 (3月3日) の一つとされた。闘鶏は賭博を伴うために各国で禁止されたが,現在でも西インド諸島 (特にプエルトリコ) や東南アジアなどでは盛んで,日本でも小規模ながら一部で行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

闘鶏
とうけい

おんどりを戦わせて勝負を争う競技。古くは鶏合(とりあわ)せといった。唐の時代に中国に始まり、奈良時代の初め日本に伝えられたといわれる。『日本書紀』に雄略(ゆうりゃく)天皇の7年に鶏合せが行われたという記録がある。奈良・平安時代には宮中をはじめ上流社会で流行し、とくに幼帝のなぐさみのためしばしば催され、のちには3月3日の宮廷行事の一つとして毎年行われていた。
 現在の闘鶏は、ニワトリの飼育が盛んになるにつれて、その優劣を競うことを目的として始まったが、江戸時代から明治の初めにかけて、ニワトリはシャモ(軍鶏)を使用し、もっぱら賭(か)け事として流行していた。1873年(明治6)に闘鶏の禁令が公布されたが、地方的な風習もあり、あまり効果はなかった。また東京市は1916年(大正5)、動物愛護の立場から闘牛、闘犬とともに闘鶏も禁止している。闘鶏は、鶏師(とりし)といわれる胴元と、胡麻師(ごまし)という世話人が、シャモの所有者と話し合い、日時、場所を定め、観客を集めて開催する。勝負は土俵上で行うが、土俵には本土俵と巻土俵とがある。本土俵は地面を深さ四尺(121センチメートル)、直径六尺(182センチメートル)の円形に掘り下げ、穴の側面と底に筵(むしろ)を敷いてつくる。巻土俵は室内で行う場合のもので、本土俵と同じ形状、大きさに筵を立ててつくる。勝負は、戦意を失ってうずくまるか、3回以上土俵の外に飛び出したほうを負けとする。現在は賭け事としてはもちろん、動物愛護の立場からも全国的に禁じられているが、ニワトリの産地として知られる中部、四国、九州地方では、地方的な行事として、なかば公然と行われている。
 闘鶏は古くは古代ギリシア、ローマ時代に始まり、中国、インド、イギリスなどでも行われていた。とくにイギリスでは、宮廷貴族に好まれ、18世紀後半から19世紀にかけて隆盛を極めた。現在では東南アジア、西インド諸島などで盛んに行われている。[倉茂貞助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の闘鶏の言及

【鶏合】より

…雄鶏をつがえて闘わせる遊戯。闘鶏。中国では古く周代からあり,所伝では唐の玄宗が乙酉の年の生れゆえに闘鶏を好み,また闘鶏を行ってのち間もなく位についたため,治鶏坊を建て鶏を闘わせたという。…

【ニワトリ(鶏)】より

…日本には中国を経由して前300年以前に入ったと考えられ,古墳時代の埴輪(はにわ)にもニワトリをかたどったものがみられる。現代のニワトリは卵,肉などの食料生産を主要な目的として飼われているが,家畜化の初期には報晨(ほうしん)(時を知らせること),闘鶏,愛玩が主目的であった。主要品種を飼養目的によって分類すると次のようである。…

【ペット】より

…軽駕(けいが)競走用のウマにはトロッター種がある。また動物どうしを闘わせて勝負を楽しむ競技に闘牛(日本),闘犬,闘鶏がある。日本の闘牛はウシどうしが力比べをする牛相撲ともいうべきもので,人間とウシが闘うスペインやメキシコの闘牛とは異なる。…

※「闘鶏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

闘鶏の関連キーワード闘鶏をする若いギリシャ人サンフアンデロスモロスホワイトコーニッシュ種シャモ(軍鶏/闘鶏)タウチーオーラセー大阪府高槻市氷室町高山にカンカコカン鶏合わせ・鶏合せ飛騨一宮水無神社シャモ(軍鶏)額田大中彦皇子ローズガーデン奥久慈しゃも蹴合い・蹴合コックピットショウコク木工・木匠サツマドリ忍坂大中姫闘鶏台遺跡

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

闘鶏の関連情報