コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阪本越郎 さかもと えつろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阪本越郎 さかもと-えつろう

1906-1969 大正-昭和時代の詩人。
明治39年1月21日生まれ。永井荷風従弟(いとこ)。高見順の異母兄。「椎(しい)の木」,のち「詩と詩論同人。昭和6年第1詩集「雲の衣裳(いしょう)」を発表。以後,「貝殻の墓」などの詩集を刊行し,小説,評論などもかいた。30年お茶の水女子大教授。昭和44年6月10日死去。63歳。福井県出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阪本越郎
さかもとえつろう
(1906―1969)

詩人。福井市に生まれる。当時父は福井県知事。東京帝国大学心理学科卒業。学生時代から『日本詩人』『椎(しい)の木』『詩と詩人』などに詩や評論を発表し、モダニズムの詩人として活躍した。『雲の衣裳(いしょう)』(1931)以下9冊の詩集、評論『北村透谷』(1940)や詩論、評論集、ドイツ詩人の訳詩集などがある。文部省関係の仕事をし、お茶の水女子大学教授も務めた。[角田敏郎]
『『定本阪本越郎全詩集』(1971・弥生書房) ▽川口敏男著「阪本越郎」(『現代詩鑑賞講座10』所収・1969・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

阪本越郎の関連キーワード阪本 越郎昭和時代百田宗治北村透谷大正詩人

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android