コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿寺の七滝 あてらのななたき

3件 の用語解説(阿寺の七滝の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

あてらのななたき【阿寺の七滝】

愛知県新城市にある滝。阿寺川が七段の階段状の滝をつくり、各滝壺には大きな甌穴おうけつがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛知県〕阿寺の七滝(あてらのななたき)


愛知県東部、宇連(うれ)川支流阿寺川にかかる滝。同川上流部の礫岩(れきがん)の断層崖(だんそうがい)を、7段の階段状に流れ落ちる。全長64m。滝壷(たきつぼ)すべてがえぐられて甌穴(おうけつ)となった珍しい地形で、国の名勝・天然記念物。「日本の滝百選」に選定。子抱き岩ともよばれる甌穴を拝むと子どもが授かるという信仰がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿寺の七滝
あてらのななたき

愛知県新城(しんしろ)市にある滝。国指定の名勝・天然記念物。阿寺川が礫岩(れきがん)層の断層崖(がい)に7段の階段状の滝をつくっている。第一と第七滝間の落差は62メートル。1段ごとに滝壺(たきつぼ)をもち、滝壺ごとにポット・ホール(甌穴(おうけつ))がある。巨大なポット・ホールは深さ7メートルに達する。礫岩層は設楽層群の基底礫岩とされているが、化石が未発見のため時代の確定はできない。[伊藤郷平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿寺の七滝の関連キーワードオノン川豊川長篠愛知県立大学新城掛合[町]久井[町]阿寺ノ七滝曾爾[村]作手[村]

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone