コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿弥陀ヶ滝 アミダガタキ

デジタル大辞泉の解説

あみだ‐が‐たき【阿弥陀ヶ滝】

岐阜県中西部、長良(ながら)川支流の最上流前谷川にある滝。落差約60メートルは東海一の名瀑といわれる。滝の裏側には阿弥陀如来石仏がならび、西側には絶壁、北側には洞窟が見られる。古くから白山信仰の霊場だった。長滝。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

阿弥陀ヶ滝の関連キーワード奥長良川県立自然公園白山信仰長良支流

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android