コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿部正外 あべのまさと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿部正外
あべのまさと

[生]文政11(1828).1.1. 江戸
[没]1887.4.20. 東京
幕末の老中。幕臣としてペリー来航後,神奈川奉行,外国奉行を歴任。元治1 (1864) 年3月,宗家磐城白河藩 10万石の藩主に迎えられ,同年,老中となり,慶応1 (65) 年には,兵庫開港に反対し辞職。のち棚倉藩に移封され,戊辰戦争では官軍に抗して奥羽越列藩同盟に走った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿部正外 あべ-まさと

1828-1887 幕末の大名。
文政11年1月1日生まれ。阿部正定の弟。禁裏付として和宮(かずのみや)降嫁に関与,神奈川奉行,外国奉行などをつとめる。阿部正耆(まさひさ)の養子となり,元治(げんじ)元年陸奥(むつ)白河藩(福島県)藩主阿部家7代。同年老中となる。朝廷の意に反して兵庫開港を主張し老中を解任され,慶応2年蟄居(ちっきょ)となった。明治20年4月20日死去。60歳。通称は兵庫。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

阿部正外

没年:明治20.4.20(1887)
生年:文政11.1.1(1828.2.15)
幕末の老中。幕臣阿部正蔵の次男に生まれる。禁裏付,神奈川奉行,外国奉行を経て町奉行。元治1(1864)年3月,宗家阿部正耆の養子に入り白河10万石の藩主となり,同年6月老中に就任,幕府内強硬派を代表した。慶応1(1865)年2月,本荘宗秀と幕兵3000を率いて上洛,朝廷への管理強化を図ったが失敗。同年9月,英仏米蘭の外交団の要求を受け,兵庫の早期開港を幕議として決定,これを不満とした朝廷によって,官位剥奪,老中罷免,国許謹慎を命じられた。翌2年6月,幕命により城を棚倉に移され,藩主の座を子の正静に譲って蟄居。戊辰戦争では奥羽越列藩同盟に参加した。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

阿部正外 (あべまさと)

生年月日:1828年1月1日
江戸時代末期;明治時代の大名
1887年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内の阿部正外の言及

【松前崇広】より

…63年(文久3)4月幕府の寺社奉行となり,まもなく免ぜられたが,64年(元治1)7月老中格,海陸軍総奉行(65年海陸軍総裁)となり,11月老中に任ぜられた。以後幕権拡張論者の老中首座阿部正外と行動をともにし,65年(慶応1)兵庫開港問題で阿部とともに勅旨によって罷免された。翌年帰藩し,松前で病没した。…

※「阿部正外」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

阿部正外の関連キーワード平田文右衛門(1)向山黄村本庄宗秀徳川家茂生年月日明治時代松前崇広阿部正静辞職歴任

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android