コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帝王陵 ていおうりょう

1件 の用語解説(帝王陵の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ていおうりょう【帝王陵】

強大な権力をもつ支配者である皇帝,天皇,大王,君主などを埋葬した,地上に大きな構築物をもつ墓を帝王陵という。諸王の王である大王や,大王と同等の,またはそれを上回る権力者の皇帝は,古代統一国家の形成過程のなかから出現したので,一般に帝王陵は,古代帝国の象徴と考えられている。しかし,いわゆる古代以後にも支配者のための巨大な墓は建設されており,また世界史的にみると〈古代〉そのものの概念があいまいであるから,むしろ古代や中世に限らず,近世,近代をもあわせ支配者の権威を示すために構築された大きな墓をも含めて帝王陵と呼ぶ方が実態に即しているばかりでなく,帝王陵のもつ意義をはっきりさせるのにも役立つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の帝王陵の言及

【墳墓】より

…この方式も後代に受け継がれ,唐の昭陵乾陵は,その規模をさらに拡大したものである。 帝王陵への墳丘の導入によって,高級官人や有力豪族層の墓も急速に墳丘を築くようになるが,前漢代には墳丘の高さが法律によって規制された。しかし,国家権力が相対的に弱くなる後漢代になると,地方において大きな墳丘と墓室を築くようになる。…

※「帝王陵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

帝王陵の関連キーワード検非違使天皇オートクラシー強賊君臨公権力香象公領第四権力弾圧

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone