陸海(読み)リクカイ

精選版 日本国語大辞典の解説

りく‐かい【陸海】

〘名〙
[一]
① 陸と海。海陸。〔伊呂波字類抄(鎌倉)〕
② 陸軍と海軍。海陸。
※朝野新聞‐明治七年(1874)一二月三〇日「陸海両軍の官員方〈略〉各礼服にて之を迎接し」
③ 多くの産物が生じる陸地。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「密河谷の平地は、頻年駸駸として繁華をすすめ、合衆国農牧の陸海なり」 〔漢書‐地理志〕
④ 陸地に入り込んだ海。内海。〔英和和英地学字彙(1914)〕
[二] 詩文の才が大海の如くゆたかなことを、晉の陸機に比していう語。
※詩序集(1133頃)林園落葉軽詩序〈藤原忠理〉「僅歩仁省之塵、独無陸海之誉

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

陸海の関連情報